2022年 5月 24日 (火)

AI搭載、正確で無駄のない清掃 ロボット掃除機3モデル

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   各種家庭用ロボットを手がけるエコバックスジャパン(東京都新宿区)は、ロボット掃除機「DEEBOT X1 OMNI(ディーボット・エックスワン・オムニ)」など3モデルを、2022年3月25日から順次発売している。

  • 「ヤコブ・イェンセン」コラボのデザインに高い清掃力を搭載
    「ヤコブ・イェンセン」コラボのデザインに高い清掃力を搭載
  • 「ヤコブ・イェンセン」コラボのデザインに高い清掃力を搭載

スマートスピーカーとの連携不要

   いずれも、デンマークのデザイン事務所「ヤコブ・イェンセン・デザイン」が手がけたモダンなデザインのボディーを採用。

   AI(人工知能)チップ内蔵の障害物検出システム「AIVI 3D」、D-ToF距離測定センサー、マッピングシステム「True Mapping2.0」を搭載。暗い環境でも障害物などを検知して回避できるほか、素早く正確に距離を検知することで家の隅々まで無駄のない走行が可能だ。

   静音設計ながら業界最強レベルだという吸引力と加圧回転式デュアルモップによる高い清掃力を実現した。

   4月7日発売予定のフラッグシップモデル「DEEBOT X1 OMNI」は、世界初だという「全自動クリーニングステーション」が付属。吸引と水拭き掃除に加え、本体内にたまったゴミの収集、水拭きタンクへの給水、汚れたモップの洗浄、熱風乾燥などの工程を自動で行う。

   独自開発の音声アシスタント「YIKO(イコ)」を実装し、スマートスピーカーなどとの連携やアプリの起動は不要、声で操作できる。

   価格は19万8000円(以下全て税込)。

   また、「水拭きステーション」付属のエキスパートモデル「DEEBOT X1 TURBO」の価格は15万9800円。「ゴミ収集ステーション」付属で、振動式モップ「OZMO Pro 3.0」搭載のスマートモデル「DEEBOT X1 TURBO」(4月7日発売)は15万8000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!