2022年 5月 23日 (月)

はつめ「ゲーマーは時代の先取りだったか」 メタバースのずっと前から...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

いしたにまさき:エルデンリングの話に戻りますけど、そういう優れた参加型の愉快なマップの要素がありつつ 、やっぱダークファンタジーというところが大きいですよね。ゲーマーだったり、中高生ってダークファンタジー大好きですよね。

はつめ:そりゃ、かっこいいから好きになっちゃうよ!!!!装備のディテールとか敵の見た目とか、全男子好きそうな見た目してるじゃないですか。
  • 「本当に面白いタイミングに生きてるなぁって」
    「本当に面白いタイミングに生きてるなぁって」
  • 「本当に面白いタイミングに生きてるなぁって」

遊び方が無限大

いしたに:そうなんだよなあ。まさに王道ダークファンタジー。

はつめ:自分だけのルールを作ってプレイする(縛りプレイ)のもできるので、マジで遊び方が無限大。友達は初期装備で、最初の場所にいるボスと3時間戦ってた。

いしたに:やるなあ。

はつめ:3時間目に配信みたけど、全然「死に続けて」ました。

いしたに:あ、そこですね。「死にゲー」のワードも解説お願いしたいです。「死に続ける???」という読者の疑問の顔が今、見えました。

はつめ:簡単だ、死ぬんだよ、突然。ちゃんと説明すると、うーんと言葉通りに説明するならば、「死にやすい(ゲームオーバー)ゲーム」。

いしたに:はいはい。でも、それって普通はつらいでしょ。

はつめ:実際には、何度も同じところをやり直してや~っと次に進める!みたいなのが多いかと。もうここからすでに"真のゲーマー"厳選、始まってると思います。

いしたに:ああ、「これで心が折れないやつらだけがついてこい!」ってことか。

はつめ:そうそう、個人的な感想ですけどね。フロム・ソフトウェアが出すゲームは、本当にゲーム好きか胆力がある人か、もしくはドMしか笑顔でできないと思ってます、私は。

いしたに:それは同感なんですけど、それにしても、異様に「みんなやってるなあ」という感じがあるんですよね。
   去年の年末ぐらいから、「次の覇権ゲームきて欲しい」という話を何度かしたと思うんですけど、瞬間最大風速的には、エルデンリングがそれぐらいの勢いありそう。

はつめ:あ、そうだそうだ。フロム・ソフトウェアのゲームって、基本的に配信NGだったんですよね。エルデンリングの発売後に、フロムから配信などに関するガイドラインが更新されて「収益化なしであれば投稿、配信していいよ~」って形になったので、「今までできなかった分配信してやる!」みたいなのを、みんなやってる印象です。

いしたに:ああ、そういう背景があるのかー。それは納得感ある。

はつめ:今まで目にしなかった分、今回はやってるのが異様に見えるだけで、実は元からユーザー自体は大量にいましたからね。フロムゲー。

いしたに:それが、配信オッケーになったおかげで可視化されたんですね。そういう複合的な「待ってました感」の結果なんですね、このエルデンリングの勢い。
ちょっと整理するとこういうことですね。

・人気ソフトハウスの新作
・オープンワールド
・ダークファンタジー
・配信解禁

はつめ:そういうことです!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!