2022年 6月 28日 (火)

「ティファール」シックなデザインの電気ケトル 最適な湯温と注ぎ方を手軽に

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   生活家電などを手がけるグループセブ ジャパン(東京都港区)は、「ティファール」ブランドから、電気ケトル「カフェ コントロール 1.0L  KO9238JP」を2022年4月に発売する。

  • 機能性と高い操作性、ハンドドリップコーヒーをよりおいしく
    機能性と高い操作性、ハンドドリップコーヒーをよりおいしく
  • 機能性と高い操作性、ハンドドリップコーヒーをよりおいしく

8段階の温度設定や保温

   シックなブラックカラーのステンレスボディで、狙った場所に注ぎたい分量のお湯を注げる細い形状の注ぎ口を採用。コーヒーをハンドドリップでおいしく淹(い)れるために重要とされる、最適「湯温」と「注ぎ方」を手軽に実現できる。

   人間工学に基づいて設計したという持ちやすいハンドルを装備。手にフィットし湯量の調節がしやすいため少しずつ、ゆっくりとお湯を落とし、プロがドリップしたような香り高いコーヒーを淹れられる。

   40度~100度まで8段階の温度設定が可能。コーヒーのおいしさを引き出す80~95度前後の湯沸かしがボタン1つで手軽に行える。60分の保温機能を搭載。温度表示が大きく見やすいタッチパネル式の電源プレートを採用する。

   お湯が沸くと自動的にオフになる「自動電源オフ」、ケトル内部の水が空あるいは少量の状態でスイッチを入れても自動的にオフになる「空だき防止」の両機能を搭載するなど安全面にも配慮する。

   内容量は1.0リットル。コード長は約1.3メートル。定格消費電力は1250ワット。

   参考価格は1万8500円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!