2022年 8月 10日 (水)

ウクライナから国外に420万人避難 隣国ルーマニアで日本の団体が支援

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロシアに侵攻されたウクライナでは、戦禍を逃れようと多数の避難民が出ている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ロシアの攻撃が始まった2022年2月24日以降、国外に避難したウクライナ人の数は、4月2日までで420万人に迫る。

   日本の民間レベルで、ウクライナへの支援は広がっている。ピースボート災害支援センター(PBV、東京都新宿区)は、ウクライナからの避難者数がポーランドに次いで多いルーマニアで支援活動を実施。3月29日、現地入りしているスタッフからの報告会がオンラインで行われた。

  • ルーマニア・ブカレスト北駅。ウクライナからの避難民が大勢到着する(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    ルーマニア・ブカレスト北駅。ウクライナからの避難民が大勢到着する(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • ブカレスト北駅には、地元団体が難民に食事や各種ケアを提供する場所がある(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    ブカレスト北駅には、地元団体が難民に食事や各種ケアを提供する場所がある(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • クルジュ・ナポカ駅に設置された休憩所(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    クルジュ・ナポカ駅に設置された休憩所(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • ウクライナとルーマニアの国境付近にかかる橋。避難してくる子どもたちのためにと、地元の人は橋の両脇にぬいぐるみを置いてプレゼントしている(写真提供:ピースボート災害支援センター)
    ウクライナとルーマニアの国境付近にかかる橋。避難してくる子どもたちのためにと、地元の人は橋の両脇にぬいぐるみを置いてプレゼントしている(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • ルーマニア・ブカレスト北駅。ウクライナからの避難民が大勢到着する(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • ブカレスト北駅には、地元団体が難民に食事や各種ケアを提供する場所がある(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • クルジュ・ナポカ駅に設置された休憩所(写真提供:ピースボート災害支援センター)
  • ウクライナとルーマニアの国境付近にかかる橋。避難してくる子どもたちのためにと、地元の人は橋の両脇にぬいぐるみを置いてプレゼントしている(写真提供:ピースボート災害支援センター)

「言語の違い」早期のサポート重要

   PBVは、3月19日に3人をルーマニアに派遣。現地のNGO「ルーマニア平和研究所(PATRIR)」と連携し、視察と情報収集を進めてきた。

   現地から報告した、PBV事務局長の上島安裕さん。ウクライナと言語が異なるルーマニアは当初経由地として、そこから第三国へ向かうケースが多かったという。だが、「着の身着のまま」で逃れてくる避難民も多く、そのままルーマニアにとどまる人が増えてきた。UNHCRの統計によると、4月2日時点で同国に約63万6000人が逃れている。

   ルーマニア政府は国内6か所で、難民を受け入れる「避難所」を設置。ウクライナの避難者に、1年間の教育や医療、住まい、就労へのアクセスを保証している。一方、避難所に長期間滞在せず、国内のホストファミリーが受け入れて生活支援するのがルーマニアの特徴だ。NGO活動が活発で支援を続けているが、避難者の増大と共に受け入れ側の負担が深刻化している。

   避難民にとって、ルーマニアの「玄関口」のひとつが、首都にあるブカレスト北駅だ。ウクライナから鉄道で来る人が多く利用する。現在、ウクライナのパスポートや身分証明書(ID)を持っていれば、公共交通機関を無料で使える。

   現地を視察したPBV国際事業コーディネーター・鈴木郁乃さんによると、駅ではボランティアが、避難者の求めるニーズに応じたサポートを実施している。食事や物資の提供だけでなく、ここから西欧へ向かいたい人のために移動手段の手配、出国までの宿泊所の確保ときめ細かい。

   PATRIRの本拠地がある都市クルジュ・ナポカの駅でも、避難民が必要とする支援を行う。食料パッケージを配布し、休憩所や子どもの遊び場を確保している。また鈴木さんは、「早めに言語サポートできる人とつながることが大事」と指摘する。女性や子どもの避難者が多く、言葉が通じないなかで犯罪に巻き込まれる恐れがあるのだ。ブカレスト北駅同様、ここでも通訳が待機し、避難者の相談に対応しているという。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!