2022年 7月 1日 (金)

「コロナ保険」月々の支払い3倍に 感染者急増で「保険料値上げ」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

保険料が3か月2万円もありえる?

   第一生命の子会社「第一スマート少額短期保険」の「コロナminiサポほけん」。新型コロナ感染症や、エボラ出血熱といった「1類~3類」の感染症にかかったと医師に診断されると、「特定感染症一時金」10万円が支払われる。

   保険料は1月時点で3か月あたり890円だったが、4月1日の発表によると、2月加入分は3840円に、3月加入分は8090円に上昇。4月1日からの保険料は、7530円に下がっている。

   2021年10月には、感染が急拡大した場合には保険金を契約者に確実に支払うため、新規販売を全面停止することになりかねないと説明していた。この事態を避けるため、感染状況を踏まえ、新規申し込み・更新時の保険料は今後890円〜8090円の幅で変動し得ると公表していた。3月加入分の「8090円」は、この時発表していた数字の上限だったわけだ。

   22年4月1日発表では、オミクロン株の出現などを踏まえ、今度はこの保険料変動幅が870円〜2万円になると告知した。

   なお保険期間の満了時、契約者が更新しない旨を申し出ない限りは、満了日の翌日に契約が更新・継続されるという。保険料改定後に知らず知らずのうちに更新され、高額の料金を支払っていた、という事態にならないよう注意が必要だろう。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!