2022年 8月 13日 (土)

本屋大賞に『同志少女よ、敵を撃て』 逢坂冬馬さんはウクライナ侵攻に「戦争反対」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「絶望することはやめます」

   本書は約80年前、旧ソ連が戦場となった「独ソ戦」をテーマにしている。ソ連の犠牲者は約2700万人。半数近くが戦闘員で、他は非戦闘員。独はソ連以外の戦線も含めた数字で戦闘員が約531万人、民間人が約300万人と言われる。有名なレニングラードの戦いでは、独は兵糧攻め作戦に出る。包囲して物資輸送を阻み、100万人が飢え死にしたと言われる。最終的にソ連が勝利し、西欧での第二次世界大戦終結につながった。

   ところが、現在、ロシアがウクライナに侵攻、多数の市民を虐殺していると報じられている。一部の都市はロシア軍に包囲され、兵糧攻めが行われているとも伝えられている。銃を手に戦っているウクライナ市民も多い。

   複数のメディアによると、授賞式に登壇した逢坂さんは「このような素晴らしい賞をデビュー作も関わらず授けていただけたことは、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜ぶ一方で、「私の心は、ロシアによるウクライナ侵略が始まった2月24日以降、深い絶望の淵にあります」と切り出し、「このナチスによるポーランド侵攻、満州事変に匹敵する、むき出しによる覇権主義による戦争が始まったとき、私はこの無意味な戦争でウクライナの市民、兵士、あるいはロシアの兵士がどれだけの数だけ亡くなっていくのだろうと考え、また私自身が書いた小説に登場する主人公・セラフィマがこの光景をみたならば、どういう風に思うのだろうと考え、悲嘆に暮れました」と話した。

   そのうえで、こう続けた。「(セラフィマが)ただひとりか、あるいは傍らにいる人と町に出て、自分が必要とされていると思ったことをするのだと思います。私も絶望することはやめます。戦争に反対し、平和構築のための努力をします。それは小説を書く上でも、それ以外の場面でも、変わりはありません」。

   J-CASTトレンドではすでに昨年12月、「『同志少女よ、敵を撃て』が快進撃 発売直後にベストセラートップに」という記事を報じている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!