2022年 5月 28日 (土)

Z世代は固定電話に不慣れ 職場で呼び出し音鳴っても「取りたくない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   今や、ひとり1台持つのが当たり前になってきた携帯電話。一方、10代や20代では固定電話になじみの薄い人が増えてきている。

   しかし、社会に出ると職場では今も固定電話が健在だ。この時期、新入社員の電話対応は話題になる。固定電話に不慣れな新人がやらかしてしまったケースも...。

  • なじみのない固定電話に戸惑うことも…(写真はイメージ)
    なじみのない固定電話に戸惑うことも…(写真はイメージ)
  • なじみのない固定電話に戸惑うことも…(写真はイメージ)

先輩世代とのギャップ

   総務省の「通信利用動向調査」によると、2020年の日本国内におけるモバイル端末全体の保有率は83%。一方、固定電話の世帯全体の普及率は68.1%だが、20代では8.1%、30代も21.4%と低い傾向に。これに対して、40代は59.7%、50代以降では80%以上と世代間の差が顕著だ。

   家庭に固定電話がある場合でも、携帯電話の普及で固定電話の利用機会は少ない。若い世代は固定電話に慣れていないため、苦手意識を持つこともあるようだ。

   社会人2年目の Aさんの場合、自宅に固定電話はあるが、呼び出し音が鳴っても「完全無視」だという。家族全員、留守番電話に切り替わるまで誰も取らない。留守録が始まり、知り合いからだとわかった場合に限り、母親が受話器を上げる。

   ただ、会社では困りごとが発生するとAさん。

「ある程度日常的に(固定)電話で応対をしてきた職場の先輩世代と、ギャップがあります。私たちも、『研修が無くても何とかなるだろう』と思われてしまいました」

   社会人3年目のBさんは、ひとりで実家にいる場合にしか、電話に出ないそう。しかし、「営業電話が多すぎて邪険に出たら、祖母からの久々の連絡でした。めっちゃ謝りました」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!