2022年 5月 21日 (土)

インスタで人気「Lowcostcosplay」を取材 アイデア満点コスプレの発想法

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   自分の口元以外が隠れるように黒い猫を頭に乗せると、一瞬で「バットマン」に。丸いお腹に顔を描き、膝小僧を黒く塗るとちょうど足が耳のようになって「ピカチュウ」が完成。タイのインターネットユーザー・Lonelymanさんの「コスプレ」写真シリーズだ。

   Lonelymanさんは、インスタグラムやツイッター上で「Lowcostcosplay」(低コストコスプレ)」というアカウント名を掲げ、アニメキャラクターなどを再現する画像を投稿している。空間や自身の体、身の回りの日用品をフル活用したアイデアの数々。今回、J-CASTトレンドの取材に応じてくれた。

  • 足をたたんで上から撮るとプレッツェル 水槽を使うと一刀両断された「フリーザ」に
    足をたたんで上から撮るとプレッツェル 水槽を使うと一刀両断された「フリーザ」に
  • 虫眼鏡越しの顔が「きかんしゃトーマス」、PS5越しの撮影で「海馬瀬人」
    虫眼鏡越しの顔が「きかんしゃトーマス」、PS5越しの撮影で「海馬瀬人」
  • 足をたたんで上から撮るとプレッツェル 水槽を使うと一刀両断された「フリーザ」に
  • 虫眼鏡越しの顔が「きかんしゃトーマス」、PS5越しの撮影で「海馬瀬人」

「空虚さ」や日々の「気付き」が原点

   アニメ「ドラゴンボールZ」では、敵キャラクター「フリーザ」が、斬撃によって体を縦に両断されるシーンがある。現実で再現するのは難しそうだが、Lonelymanさんの解決策はシンプル。満タンの水槽の後ろに半分映り込むように自身を撮影する。光の屈折により半身がずれて写りこめば、まっぷたつにされたフリーザの写真の完成だ。

   ゲーム機を使ってのアイデアは印象的だ。「プレイステーション5」本体の両側面上部にコントローラーを設置し、その後ろに顔だけ見えるようカメラで撮影。すると、不思議と「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の「海馬瀬人」のコスチュームにそっくりだ。

   「クロックス」のような穴あきサンダルを計4個重ね合わせ、顔に張り付けると映画「13日の金曜日」のジェイソンに見えてくる、というコスプレ画像もある。秀逸な作品を挙げればきりがない。

   Lonelymanさんに話を聞いた。タイ・バンコク在住で、定職に就いてはいないが暗号通貨の売買をしていると明かす。「低コストコスプレ」シリーズは、日常生活の中にある「空虚さ」や、日々の「気付き」が原点なのだという。この2点が常に頭の中にあるために「コスプレという形で吐き出しました」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!