2022年 5月 26日 (木)

「はじめてのおつかい」「風雲たけし城」 日本のテレビ番組が世界を魅了

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   バラエティー番組「はじめてのおつかい」(日本テレビ系)が海外で大ヒット中。米・定額制動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で2022年3月31日から配信している。

   日本産のバラエティー番組で、海外進出・ヒットを果たした作品は意外と多い。

  • ビートたけしさん(2015年撮影)
    ビートたけしさん(2015年撮影)
  • ビートたけしさん(2015年撮影)

世界165か国で放送された長寿番組

   「はじめてのおつかい」は、幼い子どもが1人で「おつかい」に挑戦するドキュメンタリー。1991年に放送開始、不定期でスペシャル番組として放送されている。日本で人気の高い番組だが、ネットフリックスでの配信が始まると世界中でも話題に。英・ガーディアン紙は2022年4月7日(現地時間)の記事で番組を紹介するとともに、イギリスでのリメイク決定を報じている。

   実は、世界で人気を集める日本発のバラエティーはこれまでにも輩出されてきた。日本ではすでに終了しているものの、長年に渡り愛されている番組も存在する。

   1997年に放送が始まったスポーツ・エンターテインメント「SASUKE」(TBS系)は、鍛え抜かれた肉体で高難易度のアスレチックに挑む番組だ。東洋経済オンラインが2015年6月26日に公開した記事によると、2005年に台湾、香港で放送。06年には米・ケーブルテレビ局で「Ninja Warrior」のタイトルで深夜放送が始まった。「世界165の国と地域でも放送され、現地制作は9か国に拡大している」。2022年現在も、世界中でローカライズ版が放送されているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!