2022年 5月 17日 (火)

ウクライナ戦争で木材価格急騰 「ウッドショック」マイホームが遠ざかる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロシアのウクライナ侵攻で、「ウッドショック」という言葉を頻繁に見かけるようになった。木材価格が急騰し、日本国内の住宅づくりに多大な影響が出ている。建材メーカーや住宅業者を直撃し、家を建てたり、建て替えたりしようと思っている人も、価格高騰で二の足を踏んでいるという。

  • マイホーム建てたいけれど、価格が…(写真は本文と関係ありません)
    マイホーム建てたいけれど、価格が…(写真は本文と関係ありません)
  • マイホーム建てたいけれど、価格が…(写真は本文と関係ありません)

国産より使いやすい

   各メディアのデジタル版をチェックすると、次々と「ウッドショック」関係の記事が出てくる。

「ロシア産木材、ウクライナショックで高騰 マイホーム価格に波及か」(4月17日、朝日新聞)
「ロシア発『合板ショック』の激震、住宅価格へ波及」(4月14日、東洋経済)
「ロシア発『ウッドショック』の衝撃 ~もう家が買えない!?」(NHK、4月15日)

   ロシアは森林資源が豊富だ。朝日新聞によると、世界の森林の2割はロシアにあるという。日本の木材輸入量では、合板の材料となる単板で8割強、製材で2割弱をロシア産が占める。

   同紙の取材に材木店の社長が語っている。

「消費者にはあまり知られていないが、戸建てにはロシア産が意外によく使われている。大工が好むんだ。釘が抜けにくくて国産より使いやすいんだと言ってね」

   日本銀行が公表した3月の統計「企業物価指数」で、「木材」は前年同月より6割近く上昇し、過去最高水準に達した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!