2022年 5月 24日 (火)

看護師の仕事着 武田砂鉄さんは性差を取り払ったスクラブを支持

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   SPUR 5月号の「働くわたしが着るものは」で、武田砂鉄さんが看護師のユニフォームを論じている。4月号から始まった新連載で、様々な職業と仕事着の関係を当事者への取材を交えて考える。ひとつ前の初回は、いわゆる「受付嬢」だった。

   さて、コロナ禍で社会に欠かせないエッセンシャルワーカーの典型として注目され、国民から感謝されている看護師である。この職業から「白衣の天使」を連想する諸兄姉や私は、すでにかなり遅れているらしい。

「検索サイトで『ナース』と画像検索すると、なかなか卑猥な結果になる。安っぽいコスプレ衣装か、アダルト作品のパッケージばかりだ」

   それらに交じって、フジテレビのドラマ「ナースのお仕事」(1996年~)の画像がいくつか。新米ナースの朝倉いずみ(観月ありさ)が先輩(松下由樹)と戯れている。

「その朝倉いずみがどのような格好をしているかといえば、丸襟の白衣に白のストッキング、そして白いナースキャップをかぶっている...コスプレ方面の画像も押し並べてこれで、つまり、朝倉いずみから更新されていない」

   しかし今、そんな姿の看護師はまずいない。昨今は男女とも「ジャージのような、寝間着のような、とにかく動きやすそうな格好をしている」そうだ。多くがVネックの半袖、色も多彩。近作のドラマはすでに、現実に合わせて修正されているそうだ。

  • 「スクラブ」といいます
    「スクラブ」といいます
  • 「スクラブ」といいます

消えゆく願望本位

   武田さんは現役看護師のユミさんに話を聞いている。〈あれ、「スクラブ」っていうんです。この5年ほどで、どの医療機関もすっかりスクラブばかりになりましたね〉

   ユミさんも看護学校時代は朝倉スタイルだった。その象徴であるナースキャップは「ナイチンゲール的な何か」(ユミさん)のシンボルだが、作業効率や集中力とは無関係。白衣ともども、実用重視のスクラブに置き換わった。再びユミさんの証言である。

〈とにかく着心地がいいんです。夜勤の日は仮眠の時間もあるので、ちょっと大きめのスクラブを着て、パジャマっぽい感じにしたりしています〉

   各メーカーの工夫で、機能性とオシャレが両立しているものが多いという。

「着る人の性別を固定しないのもいい。かつての帽子、そしてボディラインの出やすいナース服はどうしても補足的業務という印象を強めるし、守り抜こうとする最大勢力がエロ方面ともなれば、やがて消えていくのだろう」

   看護師のイメージ色である「白」も何かと不便なのだという。焼肉店や書道教室では汚れが目立つ白を避けるのに、看護師は白衣のままで採血や配膳をしてきた。

「制服というのは、それを着る人の都合が優先されているものではなく、『このようであってほしい』という強制力が色濃く残りがち...スクラブ導入はその力関係を一気に壊したのだ」

   そして結語はやっぱり「ナースのお仕事」である。

「再び復活する機会があれば、朝倉いずみが『いつまでこんな制服なんですか、スクラブでしょ、スクラブ!』とキレるシーンから始めてほしい」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!