「G-SHOCK」Bluetoothとソーラー充電を搭載 八角形ベゼルの新作

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   カシオ計算機(東京都渋谷区)は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品「GA-B2100」を2022年5月14日に発売する。

   八角形ベゼルが特徴の「2100」シリーズで、Bluetoothによるスマートフォンリンクとソーラー充電機能を、初めて搭載している。

  • 機能が進化した八角形ベゼル型「G-SHOCK」
    機能が進化した八角形ベゼル型「G-SHOCK」
  • GA-B2100-1AJF
    GA-B2100-1AJF
  • GA-B2100-1A1JF
    GA-B2100-1A1JF
  • GA-B2100-2AJF
    GA-B2100-2AJF
  • GA-B2100-3AJF
    GA-B2100-3AJF
  • GA-B2100C-9AJF
    GA-B2100C-9AJF
  • 機能が進化した八角形ベゼル型「G-SHOCK」
  • GA-B2100-1AJF
  • GA-B2100-1A1JF
  • GA-B2100-2AJF
  • GA-B2100-3AJF
  • GA-B2100C-9AJF

高機能化してもケース縦横は従来モデルと同サイズ

   専用アプリ「CASIO WATCHES」をダウンロードしたうえで、Bluetoothによりスマートフォンと連携することで、正確な時刻を表示。蛍光灯などのわずかな光でもタフソーラーが駆動するため、定期的に電池交換する必要がない。

   高機能化を図りながらも、ケースの縦横は従来モデル「GA-2100」と同サイズに抑えている。「2100」シリーズの特徴である小型フェイスを維持するため、部品の配置を最適化した薄型モジュールを採用。高強度を誇る「カーボンファイバー強化樹脂」を、ケース素材に採用したカーボンコアガード構造と組み合わせ、耐衝撃性も確保した。

   デザインは、文字板を2枚の構造に分けることで、液晶とインダイアル(文字板内に配置された小さなダイアル)の立体感を強調している。インダイアルリングは金属調に仕上げ、上質感を加えた。

   カラーラインアップは、「G-SHOCK」初のカラーモデルとして登場した「DW-5600C-9BV(1987年 海外発売)」、「DW-5600B-3V(1991年 海外発売)」、「DW-5600B-2V(1991年 海外発売)」の色味を再現したイエロー、グリーン、ブルーを用意。さらにブラックからは、「5600」シリーズ初代「DW-5600C1V(1987年 海外発売)」の配色をあしらった、ブラックとオールブラックの2モデルを展開している。

   価格は、「GA-B2100C-9AJF イエロー」のみ、2万3100円(税込)。以下は、2万2000円(同)。

・GA-B2100-1AJF ブラック×グレー
・GA-B2100-1A1JF ブラック×ブラック
・GA-B2100-2AJF ブルー
・GA-B2100-3AJF グリーン
姉妹サイト