2022年 5月 16日 (月)

佐々木朗希も貢献パ・リーグの投高打低 異常なほど点が取れない原因

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球パ・リーグは、2022年シーズン開幕以降「投高打低」が続く。4月20日の試合終了時点で、打率3割を超える選手は3人(規定打席以上)。セ・リーグでは9人いる。

   一方、防御率が1.00を切る先発投手が、パは4人。セはゼロだ。ツイッターやインターネット掲示板上では、反発を抑えた「『飛ばないボール』が採用されているのか」との憶測まで流れている。

  • 完全試合を達成した千葉ロッテ・佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    完全試合を達成した千葉ロッテ・佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 完全試合を達成した千葉ロッテ・佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

好調な先発、長距離砲の離脱

   本塁打数を比べよう。パ(計114試合)では20日まで55本。セ(計122試合)では91本が飛び出した。合計得点ではパが346点、セが446点だ。

   単純計算で平均すると、パは1試合あたり約0.48本塁打、約3.04得点が発生。セは1試合約0.75本塁打で、約3.66得点だ。試合数にやや差はあるが、打力ではセに軍配があがる。

   スポーツライターの小林信也氏に取材した。シーズン開始当初の打者成績は極端な数字が出やすいが、防御率1点未満の投手が多数出現するほど投手側が「上振れ」するのは珍しいという。

   背景としてまず「実績あるパの主力投手が順調な調整を積み、いいスタートを切った」と分析する。また、バッテリーによる打者のデータ分析が功を奏している可能性もあるという。

   小林氏はこの現象を当初、先発・中継ぎ・抑えといった分業が進み、先発投手らが短いイニングに集中して投げたことが原因ではないかと考えた。

   しかし、福岡ソフトバンクホークス・千賀滉大投手(防0.62)やオリックスバファローズ・山本由伸投手(防0.90)は、開幕後いずれも7~8回と長いイニングで登板。千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(防1.16)は、完全試合達成時に9回完投した。長いイニングを投げつつ好成績を残していることから、単純に「先発投手のクオリティーが高い」と評価した。

   これに加え強打者が故障したり、調子を崩したりしたことが重なって「投高打低」となっているのではないかと推測。今季は既に福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐外野手や栗原陵矢外野手、埼玉西武ライオンズ・山川穂高内野手といった長距離砲がケガで離脱した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!