2022年 5月 23日 (月)

PS5転売もうなんでもあり 「包装袋に×」「開封済シール」も関係ねえ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の高額転売は、終わりが見えない。同機を扱う販売店の間では、購入資格に一定の条件を設ける、あるいは箱に何かを記載するといった対策が講じられてきた。

   一方、3月から4月にかけ、フリマアプリ「メルカリ」では、こうした対策を施されつつも出品されているPS5が数十件見つかる。

  • プレイステーション5、転売対策はいろいろあるが
    プレイステーション5、転売対策はいろいろあるが
  • プレイステーション5、転売対策はいろいろあるが

ペンで名前記入、コントローラーに「×」印

   「ゲオ」では店頭でのPS5の受取時に、コントローラーの梱包材に「×印」を記入させる、という策を実施。21年12月6日にゲオホールディングス広報にJ-CASTトレンドが取材したところ、「転売における商品価値」を下げることが目的との説明だった。

   またゲオやTSUTAYAでは、PS5の外箱に、「開封済シール」という剥がしづらいシールを貼り付け販売してきた。これも転売対策が目的だ。シールは、PS5のメーカー、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが配布している。

   「ねとらぼ」の2021年10月26日付記事によると、家電量販店「ノジマ」ではPS5購入者に対し、マジックペンで商品に名前を書かせるという策を講じている。同記事によると、PS5の「海外への流出」を防ぐための策という。

   3~4月のメルカリを調べると、3月27日に購入したと説明のあるPS5通常版出品が見つかった。販売価格は7万9000円だ。出品者はノジマで購入し、その時に名前を書かされたのだろうか。商品写真のPS5外箱には同社の名前がプリントされたステッカーが貼られており、説明文には「箱に名前記入あり」と書かれている。

   ゲオで4月21日に購入したという、9万円のPS5。商品写真のPS5には「開封済シール」が貼られているうえ、出品者は「コントローラーの袋に×印がついております」と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!