スムージー作ったつもりが「カレー」に? 見た目にびっくり、飲むと意外に

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

【ブロージーチャレンジ(3)】

4種類の食材(飲料)と、1種類の調味料、そして隠し味を混ぜ合わせ、偶然おいしいブロッコリースムージーのレシピが出来上がるよう目指す企画。ブロッコリーのみ毎回確定で、隠し味はツイッターで投票を募りフォロワーに決めてもらう。
農業法人・安井ファーム公式ツイッターアカウントの中の人(運用担当者)が調理、実食、画像と動画での食レポまでこなす。果たして、おいしい一杯が「運任せ」で出来あがるのか。
  • 「サワーブロッコリーモンスター」
    「サワーブロッコリーモンスター」
  • 分離したカレーを、ほうふつとさせるビジュアル
    分離したカレーを、ほうふつとさせるビジュアル
  • 「サワーブロッコリーモンスター」
  • 分離したカレーを、ほうふつとさせるビジュアル

「分離したカレー」ほうふつとさせる見た目に

   カオス薫る第三回。先日、使い終えた調味料のフタを一発で取り除くことができた私は、今回こそはうまくいくと確信している。

使った材料
使った材料

【調理・食レポ動画】

   分離したカレーをほうふつとさせる凶悪なビジュアルを前にして、思わず息を呑む。タマネギを炒めた時に生じた残香が、その怪しさをより引き立てている。気合を入れて、いざ実食!

   覚悟を決めて臨んだが、意外にもレモンとトマトの勢いある酸味が歓迎してくれた。「どうやら最悪のケースは免れたようだ」と安堵した直後、鼻腔に襲いかかるココアと柑橘のミスマッチなフレーバー。そしてブロッコリーのツブツブ感とタマネギのシャリシャリ感、粉チーズが舌を撫で、悪態をつくような後味を残してフィニッシュを迎えた。

総評:103/265点(勢いで飲めないことはない)
命名:サワーブロッコリーモンスター

   爽やかな酸味に救われたことで見た目ほど悲惨な結果にはならなかったが、ゴールはここにあらず。旅は続く。

安井ファーム:石川県白山市の農業法人(北陸最大級の複合経営)。
石川県におけるブロッコリーの作付面積の約3割を1社単独でシェア。令和元年度 農林水産祭にて「内閣総理大臣賞」受賞し、令和の大嘗祭において明治神宮にも自社のブロッコリーが奉納された実績をもつ。Global G.A.P.認証取得。

姉妹サイト