2022年 5月 28日 (土)

「戦策三国志」不具合修正できず終了 驚きの理由で消えたゲームほかにも

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サーバーに不具合が発生し、そのままサービス終了となったゲームがツイッター上で話題になっている。スマートフォン向けゲーム「戦策三国志」だ。

   2021年12月1日にサービスを開始したが、発表によると22年4月22日に「サーバーに致命的な不具合」を発見。2日間にわたってメンテナンスを行ったが、最終的に修正不可能と判断し、25日にサービスを終了した。このように、オンラインゲームやスマートフォン向けゲームが唐突な終わりを迎え、話題となることがある。

  • ウソ!?サービス終わっちゃったの (写真はイメージ)
    ウソ!?サービス終わっちゃったの (写真はイメージ)
  • ウソ!?サービス終わっちゃったの (写真はイメージ)

「鬼滅」そっくりゲームはすぐ滅んだ

   サーバーの不具合が起きたとして、サービスを休止し、そのまま終了に至ったゲームは過去にもある。「Sankando」という会社が運営していたパソコン向けオンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」だ。

   「4gamer.net」の2012年4月25日付記事によると、もともとこのゲームは台湾の「Interserv」が開発元だ。同記事によると、「Interserv」 は「M2」の日本でのサービス再開に向けて、プレイヤーのゲームデータを渡すよう「Sankando」に要求した。ところが、 Sankandoはデータを紛失しており、引き継ぎはできなかったとのことだ。

   2020年4月には、「鬼殺の剣」という韓国発のスマートフォン向けゲームが日本のインターネット上で話題になった。題名や登場人物のデザインが人気コミック「鬼滅の刃」に酷似していると相次いで指摘されていたからだ。

   2020年4月29日付産経新聞(電子版)によると、同作は4月23日にサービスを開始したが、制作会社は29日までに公式サイトでサービスの終了を発表し、謝罪した。制作会社は、盗作は認めていないものの、「ゲーム開発の未熟さにより多くの方に不便をかけた」と説明したとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!