2022年 5月 27日 (金)

沖縄「軽石被害」は終わっていない 真っ白なビーチに今も押し寄せる

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   かつて、複数のメディアが一斉に取り上げた「軽石」被害。報道を見かける機会は激減したが、今なお続いている問題だ。

   軽石は、2021年8月に小笠原諸島の海底火山噴火により発生し、沖縄県などに大量に漂着した。「Googleトレンド」で「軽石」と検索すると、21年10月に大きな山があり、以降は徐々に関心が離れているのが見て取れる。沖縄県のビーチを回り、今も続く被害の実情を探った。

  • 「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」のビーチに流れ着いた軽石
    「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」のビーチに流れ着いた軽石
  • 軽石によって、海や砂浜の景観が損なわれている
    軽石によって、海や砂浜の景観が損なわれている
  • 粒状になっていて軽い(写真)
    粒状になっていて軽い(写真)
  • 「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」のビーチに流れ着いた軽石
  • 軽石によって、海や砂浜の景観が損なわれている
  • 粒状になっていて軽い(写真)

除去した翌日「また、ある」

   まず、沖縄本島の中央部に位置する「恩納村」を訪れた。さまざまなリゾートホテルが海岸線に立ち並んでいる。

   今回は、瀬良垣島に佇む「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」に足を運んだ。敷地内に広がるビーチには、ところどころ、灰色に波打つ筋が幾重にも走っている。これが軽石だ。ビーチ全体が白いので、非常に目立つ。

   ビーチを眺めていると、記者とすれ違ったホテル利用客が「あの灰色の、何だろうね? 砂の色が違うのかな」と、同行者と話していた。見慣れない人にとっては、すぐに軽石だとわからないようだ。

ホテル本館そばのビーチ(写真中央の、灰色の筋が軽石)
ホテル本館そばのビーチ(写真中央の、灰色の筋が軽石)

   近くに寄ると、粒状の軽石が、枝や砂と混じっているのがわかる。手のひらにすくうと、とても軽かった(写真3)。

ビーチの砂、枝、軽石が混ざり合っている
ビーチの砂、枝、軽石が混ざり合っている

   ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄のマーケティングコミュニケーションズ マネージャー・酒井宏彰さんによると、軽石被害は21年10月ごろから断続的で、「3月下旬くらいから、落ち着いてきた」。非常に多いときは、海面が軽石で埋め尽くされて「グレー一色」になるほどだったという。

   漂着量は風向きや潮の流れに左右され、日によって変わる。きれいに除去しても、翌日になると「また、ある」。いたちごっこで、「取っても仕方ない」いう気持ちもわくそうだ。ただ、美しい海や砂浜を楽しみにやってくる利用客のため、「時間があるときに、部署に関係なく、有志のスタッフたちで除去しています」。

   除去した軽石は土のう袋に詰め、恩納村に回収してもらっている。現在は、沖縄県が軽石を活用するアイデアを募ったり、県農林水産部が「軽石の農業利用」を考えている人向けに注意点を整理して情報発信したりと、試行錯誤を重ねている段階だ。

「まだまだ、全ての軽石が何かに役立てられているわけじゃない。今はとにかく、取る(除去)だけで手いっぱいですね」(酒井さん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!