2022年 5月 25日 (水)

新人の失敗 中島京子さんは「赤福完食」のバイト嬢を思い出す

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   「ゆうゆう」6月号の「羊のところへはもどれない」で、中島京子さんが新社会人につきものの失敗について書いている。エッセイは姪の就職話で始まる。小さなメーカーながら希望したファッション業界に、デザイナー職で採用されたそうだ。

「わたしには子どもがいないので、こんなことでこれほど気を揉むとは思わなかった。姪の就職は一から十まで心配で、そして、これから先の社会人生活も...やりがいのある現場を見出せるように...しかし、がんばりすぎないようにと...ひたすらハラハラしている」

   そして「自分のことを思い出してみても、新人時代というのは失敗も多い」と本題に入る。中島さんは大学を卒業後、作家になる前に出版社で女性誌の編集に携わっている。

「かつて勤めていた会社に、ものすごく印象的なアルバイトさんがいた。うん、彼女はおもしろかった。彼女なりに緊張している場面もあったのかもしれないけれども、非常にリラックスしているようにも見えた」

   中島さんの編集部では、菓子などの土産があると庶務バイトのデスクにそのまま置いておく。バイトも心得たもので、編集部員に配って回るか、箱を開けて「ご自由に」という感じで机上に放置する。それを銘々が勝手に取っていく。平凡なオフィス風景である。

   伊勢出張の社員が「赤福」を買ってきた。慣習を教えてもらわなかったらしく、その新人バイト嬢は箱を開け、添付の木べらでアンコと餅をすくい、パクリと口に入れた。

「わたしたちはそれぞれの机で仕事をしていたが、みんなにわかに落ち着かなくなり、その後の展開が気になって仕事どころではなくなった」

   バイト嬢はそれが礼儀だと思ったのか、ひとり格闘の末に完食したそうだ。

  • 失敗は新人の「特権」です
    失敗は新人の「特権」です
  • 失敗は新人の「特権」です

勝手に重兵衛さん

   次は中島さん自身の失敗談である。

「最初の失敗は、人名を間違えて印刷して製本して書店に送ったことだ...たしか『重衛』さんとか『作衛』さんとかいったお名前を、勝手に『重兵衛』さんか『作兵衛』さんにしてしまったのだった...わたしの頭の中では『衛』のつく名前は、どうしても『べえ』でなければならないという、頑固な思い込みがあったに違いない」

   印刷前のチェックで見落とし、商品として並べてしまったということだろう。ご本人も書く通り、細心の注意を払ってもなお、文字を操る作業がミスから解放されることはない。「いまだに、本を出して、誤植を発見しないことは稀だ」。

   中島さんが知る「いちばんすごい人名ミス」は、某出版社がやらかした「字野千代」だという。それも表紙カバーの著者名で。日本文壇の最長老、宇野千代(1897~1996)を「じのちよ」にしては救われない。もちろん、書店から回収する騒ぎとなった。

「ただまあ、こうして書いていると、失敗というのは多くの場合、後々は笑い話だ。そんなことを言われても、失敗直後は慰めにならないけれども。春はスタートの季節で、いろんなことがある。若い人たちにはがんばってほしいです」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!