2022年 5月 18日 (水)

ケンタッキー「ポテト」販売休止だけど 客も「これなら」と納得の秘策

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本KFCホールディングスは、展開する「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」一部店舗で、商品のうち「ポテト」を2022年5月9日から販売休止中だ。「世界的な物流網の混乱やコンテナ不足などの影響により、物資の輸入遅延が継続的に発生しているため」と、説明している。

   21年末から続く輸入ポテトをめぐっての混乱は、フライドポテトを販売するファストフードチェーンを巻き込んだ。ただKFCの場合、ちょっと意外なリアクションが消費者から起きている。

  • KFCの「秘策」とは…(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)
    KFCの「秘策」とは…(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)
  • KFCの「秘策」とは…(写真:Stanislav Kogiku/アフロ)

価格そのままで「代替品」を

   該当商品は「ポテトS」、「ポテトL」、「ポテトBOX」だ。対象は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県の一部店舗で、詳細は公式サイトのお知らせに掲載されている。

   ファストフードチェーンでフライドポテトは、人気が高い。昨年来、一時販売休止が発表されると、インターネット上では悲しみの声が広がる。KFCの今回の発表でも同様だ。しかしKFCは、とっておきの秘策を用意していた。

   日本KFCホールディングス広報はJ-CASTトレンドの取材に、

「現在発売休止中の店舗では、セットメニューのポテトの代わりとして、価格はそのままで『ビスケット』か『カーネルクリスピー』を選べるようになっています」

と話した。どちらも人気のあるサイドメニューだ。ツイッター上では「ポテトないけど、(ビスケットorカーネルクリスピーが好きなので)うれしい」という投稿が見られる。

   実は、2021年10月にも「ポテト」の一時発売休止を実施していたが、「ビスケット」「カーネルクリスピー」いずれかを同じ価格で提供していたという。「『ポテト』の休止を悲しむ人もいましたが、(「ビスケット」「カーネルクリスピー」が)人気メニューであることや、選んで頂けることもあって好評でした」と、広報は話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!