2024年 4月 23日 (火)

ペットボトル「つぶす・つぶさない」論争 ごみ出し時あなたの住む町は

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ペットボトルをまとめてごみとして出す際は、「つぶして出す」のが当たり前......とも言えなくなってきた。場所によっては「つぶさずに」を推奨するところもあり、対応が分かれている。

   各自治体のサイトをのぞくと、つぶす・つぶさないで、それぞれ理由があるようだ。

  • ペットボトルはつぶす?つぶさない?(画像はイメージ)
    ペットボトルはつぶす?つぶさない?(画像はイメージ)
  • ペットボトルはつぶす?つぶさない?(画像はイメージ)

圧縮して固めるためには

   栃木県大田原市公式サイトにある「ごみの収集・分別(ごみの減量化・資源化)」ページを見ると、回収したペットボトルは、容器包装リサイクル法に定める指定法人と、毎年入札により決定するその他の事業者に引き渡すとある。

   同市サイトの「家庭ごみの出し方ガイド」(2022年1月修正版)では、「ペットボトルはつぶさないで出してください」と注意喚起がある。それによると、ペットボトルは機械で圧縮梱包の上、先述した業者に引き渡す必要があるというわけだ。

   鳥取県米子市もサイトで「圧縮して固めるときに、はじめからつぶれていると、1つ1つが絡み合わず、固まりにすることができない」と理由を挙げた。「ペットボトルがつぶれていると、うまく圧縮できない」との説明だ。

   札幌市は、「缶・ペットボトルはつぶさずに」と推奨している。「よくある質問」のひとつに、こうあった。「缶、ペットボトルはつぶして出してもいいですか」。これに対し、「家庭から出された缶、ペットボトルは、選別工場で磁力、風力等により選別しているため」つぶさず出すようにとの回答だ。

   新潟県長岡市の公式サイトで公開されている、びん・缶・ペットボトルのごみ出しについての「Q&A」でも、札幌市と同様の質問が掲載されている。長岡市の回答は、ペットボトルが「緩衝材の役割をして、一緒に収集されるびんが割れるのを防ぎます」と、つぶさないように促している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!