2024年 5月 19日 (日)

コロナ「持続化給付金」また不正 国税職員ら2億円を「泥棒」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金をだまし取ったとして、新たなグループが逮捕されている。今回は、国税局の職員や元職員が含まれている。新型コロナの影響で収入が減った事業者に、国が最大200万円を給付する「持続化給付金」。なぜ制度の悪用が続くのか。

  • 国税の職員が詐欺容疑で逮捕とは
    国税の職員が詐欺容疑で逮捕とは
  • 国税の職員が詐欺容疑で逮捕とは

暗号資産に投資

   読売新聞は2022年6月2日、「国税職員ら20代男女7人、給付金詐欺...受給2億円の大半を暗号資産に投資か」という記事を報じた。

   警視庁が東京国税局職員(24)ら20代の男女7人を詐欺容疑で逮捕。7人は投資仲間で、名義人に不正受給させた約2億円の大半を暗号資産に投資していたという。逮捕者の中には、東京国税局元職員(24)も含まれているという。

   7人のうち複数のメンバーがオンライン上の投資サロンに所属。「給付金をビットコインに投資して2倍にする」などと言って知人らを勧誘し、約200件の不正受給を行わせたという。国税職員と元国税職員は申請に必要な確定申告書の作成を担当し、1件あたり5万円の報酬を得ていたとみられるという。本来は不正をチェックする立場の公務員が、不正に加担していたことになる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!