PS5で遊べるPS1時代のゲーム 海外は無料なのに日本だけ有料の事情

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プレイステーション(PS)ユーザー向けの有料会員サービス「PlayStation Plus」が、2022年6月2日にリニューアルされた。「プレミアム」というプランでは、過去に発売されたゲーム機の複数ソフトを「クラシックスカタログ」として提供する。PS4とPS5で、昔のゲームが遊べる。

   PS Plus非加入者でも、一部の「クラシックスカタログ」ゲームは単品でダウンロード購入が可能だ。PSブランドの公式ブログ英語版では、過去に「デジタル版」購入済みの一部作品が「クラシックスカタログ」版で登場した場合、無料でダウンロードできると書かれている。ところが日本語版では同条件でも有料になるとしており、説明が違うのだ。

  • 新たに過去のゲームソフトが追加されたが (画像はプレイステーション5用コントローラー)
    新たに過去のゲームソフトが追加されたが (画像はプレイステーション5用コントローラー)
  • 新たに過去のゲームソフトが追加されたが (画像はプレイステーション5用コントローラー)

「サルゲッチュ」既に配信

   「プレミアム」では、初代プレイステーション(PS1)や携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)向けに発売された過去のソフトを配信する。

   旧世代機のPS3やPSPでは、PS1のデジタル版ソフトをダウンロード購入し遊べるサービス「ゲームアーカイブス」が提供されている。ソフトは数百種類だ。しかしPS4やPS5は、このサービスに対応していない。

   「クラシックスカタログ」では、複数のPS1用ソフトが新たにPS4、PS5で遊べるようになった。6月2日現在、すでにPS Storeでは「サルゲッチュ」(1999年)や「ワイルドアームズ」(1996年)といったソフトが配信されている。

   「PS Plus プレミアム」に加入していれば、ダウンロードは無料。単品購入だと、上述の2作の表示価格は「1100円」だ。

姉妹サイト