2024年 3月 4日 (月)

■安田記念「カス丸の競馬GI大予想」
大混戦を勝つのはどの馬か

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週のダービーは久しぶりにカスヨ姉さんが◎△で馬単を当てたじぇい。ガジュマル爺も〇◎▲で3連複当てたきゃすう。さて、残り少ない春のGIだけど、この調子で当てまくるじぇい。今週はマイル(1600メートル)のチャンピオンを決める安田記念(2022年6月5日、東京競馬場、芝1600メートル)きゃすう。それにしても大混戦だじぇい。グランアレグリア引退後、この距離の絶対王者がいないきゃすう。先週当ててご機嫌のカスヨさんの本命◎はソウルラッシュだじぇい。目下、4連勝で乗りに乗ってる馬きゃすう。

4連勝馬ソウルラッシュか復調のサリオスか

   カスヨ ソウルラッシュは4連勝してるわりに、注目されていないようね。新馬戦を勝った後、中距離を中心に使われていて、掲示板に載るか載らないかの成績でパっとしなかったんだけど、昨年暮れの1勝クラスからマイル戦を使うようになってから勝ちだしたのね。前走が重賞初挑戦。いきなりGIIのマイラーズカップ(阪神)を勝って一気に重賞ウイナーの仲間入りを果たしたのね。スタートで大きく出遅れたんだけど、上がり(最後の600メートル)タイムのかかる馬場の中で後方13番手から一気の末脚で12頭をごぼう抜きよ。普通に考えたら到底届きそうにない位置だったことを考えると、GIを勝てるだけの実力を持っていることが証明されたと考えられるわ。東京コースも今週日曜日でCコース4日目。外差しの決まりやすい今の東京コースなら、十分に頭(1着)の可能性があるわ。4連勝中だけど人気になりそうにないのでおいしいかも。5連勝で一気に頂点を奪取するわよ。

   カス丸 右回り専用かと思ったけど、左回りの中京競馬場でも勝ってるきゃすう。不安は初めての斤量(負担重量)58キロだけだじぇい。爺の本命◎はサリオスきゃすう。この馬は同期にコントレイルがいなかったらチャンピオンだったはずなのに、なんだか運の悪い馬だじぇい。最近はフツーの馬に成り下がった印象だけど、なんか変わり身があったきゃすう?

   ガジュマル爺 何を言っておるんじゃ、カス丸。それはサリオスに失礼というもんじゃ。確かに、前走の高松宮記念(中京)は香港帰りの初戦で、しかも初めての1200メートル戦じゃったから、スプリンター特有の早い流れに乗れずに15着と大敗したんじゃが、とはいえじゃ。その前の昨年12月の香港遠征、つまり香港マイル(シャティン1600メートル)ではきちんと3着に来とるわい。そもそもじゃ、サリオスは2019年の朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600メートル)で初のGI制覇で2歳マイル王となった。しかし、3歳クラシックの皐月賞(中山2000メートル)、日本ダービー(東京2400メートル)と、コントレイル(その後、菊花賞に優勝。3冠馬)の2着に敗れ、悔しい思いをしてきたはずじゃ。3歳秋は毎日王冠(GII、東京1800メートル)で初の古馬との対戦をなんなく突破(1着)。続く、GIマイルチャンピオンシップ(阪神1600メートル)に挑戦。グランアレグリアに次ぐ2番人気に推されたが、5着に終わった(優勝はグランアレグリア)。図太い体型もあってか、前走はスプリント挑戦だったんじゃが、まあこれがいい意味でガス抜きとなったはずじゃよ。今回、得意の距離に戻ることは大きなプラス材料で、さらに香港マイルで手綱をとった来日中のダミアン・レーン騎手が騎乗するのは心強いはず。念願のGI2冠となるはずじゃ。

   カス丸 ふーん、言いたいことはわかるきゃすう。さてと、対抗〇だけどカスヨさんはダノンザキッド、爺はセリフォスだじぇい。

   カスヨ ダノンザキッドはごぞんじのように、新馬戦から3連勝でGIホープフルステークス(中山2000メートル)を勝った実力馬よ。安田隆行調教師と川田将雅騎手の師弟コンビで、川田騎手がホープフルSを勝った時に男泣きしたのが記憶に残っているわ。3歳の春は成績がイマイチで骨折もあったからダービーを断念したけど、3歳秋の富士ステークスで初めてマイルを使って4着だったわ。休み明けで22キロ増だったことを考えると実力を示せた一戦だったと思うのよね。続くGI、マイルCSでは中団を追走して勝ち馬のグランアレグリアから0秒2差の3着とマイル適性があることを示したわ。前走の中山記念(GII、中山1800メートル)はスタートで出遅れ、大外回して7着と人気を裏切る競馬になったけど、今回はその辺を川田騎手も計算して乗ってくると思うから大丈夫なはず。GIを取るだけの実力を持っていると思うけど、休み明けよりはひと叩きしたほうが良いタイプっぽいので対抗評価としたわけね。

   カス丸 ふーん、順当だったら本命◎きゃすう? ずいぶんと買ってるわけだじぇい。爺のセリフォスはこの前のNHKマイルカップ(GI、東京1600メートル)で4着だったきゃすう。爺が本命にしてたじぇい。

   ガジュマル爺 そうなんじゃ。あのレースでは、好位につけたものの、最後の直線で内に入り込んだことが結果的によくなかったんじゃ。一時は先頭に立ったんじゃが他馬と離れて、ポツンと1頭だけで走らされた格好となり、伸びずに4着じゃ。朝日杯FS以来、4か月ぶりというレース間隔も響いたのかもしれん。ただ、この馬は出走したレースはすべてマイル戦で、上がり3ハロン(最後の600メートル)はいずれも速いタイムを記録しておるんじゃ。今回は3歳馬ゆえ、古馬との斥量差も有利なはずじゃ。父のダイワメジャーはマイルGI3勝という名マイラーで、2007年のこのレースの覇者。父子制覇がかかっておるんじゃ。

   カス丸 さて、今年のGIは伏兵が無視できないきゃすう。必ずと言っていいほど上位に食い込んでくるじぇい。有力馬をあげてもらおうきゃすう。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!