2024年 3月 2日 (土)

チューナーレステレビ「エディオン」から 「超早割」25人分は即完売

   チューナーを搭載せず、インターネット上の動画視聴などに特化した「チューナーレステレビ」。2021年から22年にかけて「ドン・キホーテ」など複数メーカーから登場しているが、今度は家電量販店大手の「エディオン」が名乗りを上げた。

   2022年6月13日から同社「オリジナル」のチューナーレステレビを、応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」上で先行予約販売中だ。

  • マクアケ上で販売される「43V型チューナーレスTV」 (画像はエディオンのリリースから)
    マクアケ上で販売される「43V型チューナーレスTV」 (画像はエディオンのリリースから)
  • マクアケ上で販売される「43V型チューナーレスTV」 (画像はエディオンのリリースから)

中国「TCL」と共同開発

   「ドン・キホーテ」や電子部品メーカーの「ユニテク」(東京都練馬区)が発売したチューナーレステレビには、テレビ向けの基本ソフト「Android TV」が搭載されている。地上波放送は視聴できないが、Netflixなどの動画配信サービスを利用可能だ。

   エディオンが予約販売中の「43V型チューナーレスTV」は、「Google TV」という基本ソフトを採用。地上波のテレビ番組は視聴できないが、こちらもNetflixやユーチューブを楽しめる。

   このチューナーレステレビは、中国の家電製品メーカー「TCL」と共同開発。開発コンセプトについてはマクアケ上で、

「最近話題のチューナーレステレビを、エディオンオリジナル商品としてGlobalシェア No.2のTCLとコラボして開発を行っており、発売前にお客様のご意見を幅広く頂戴したく、マクアケさんとの取り組みに挑戦致しました」

と説明している。マクアケでの先行販売を通して商品への意見を募り、今後の商品開発に反映する。

   一般販売での予定価格は4万9800円。マクアケ上では数量限定ながら、割引価格で購入可能だ。「超早割」コース(先着25人まで)での購入なら3万円で、6月13日18時半時点ですでに完売。「早割」コース(先着25人まで)は4万円で、同時点で「残り4人」と表示されている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!