2024年 6月 17日 (月)

YouTube再生2600万回も スリルが人気「巨大滑り台」の安全性 

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ユーチューブ(YouTube)では、巨大な滑り台を紹介する動画がある。その中でも愛媛県今治市にあった「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台を紹介する動画は、2600万回以上の再生がされている。

   ワクワクを感じさせる大型サイズの滑り台。だが市に確認すると、既に撤去されていた。

  • 「常識的な使い方」が求められる(写真はイメージ)
    「常識的な使い方」が求められる(写真はイメージ)
  • 「常識的な使い方」が求められる(写真はイメージ)

現役の巨大滑り台も

   朝日新聞2018年2月23日付記事によると、「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台は、「テレビのバラエティー番組でも『日本一危険な滑り台』などと紹介」された。猛スピードで滑る人の動画が公開されていたためだ。市は2016年、一度使用を禁止。注意喚起の看板を立てるなどして再開したが、その後に2歳児がけがを負い、再び使用を禁じた。それでも使われている形跡があったため、安全を確保できないと判断、撤去を決めたとした。

   この報道時点では撤去「予定」だったが、J-CASTトレンドが市に事実確認したところ、2018年中に滑り台は撤去したという。

   現役の巨大滑り台もある。須磨離宮公園(神戸市)に設置されている「ジャンボすべり台」は、コンクリート製で、長さ約20メートル。テレビの深夜番組で度々、スピードが出てスリルを味わえる滑り台として取り上げられる。J-CASTトレンドは、須磨離宮公園に取材した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!