「2年待ち」京都のチーズケーキ店 「幻の落花生」使い地元農業を応援

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   チーズケーキ専門店・ソラアオ(京都市右京区)は2022年6月30日まで、「神崎落花生」を使ったチーズケーキを販売している(無くなり次第終了)。

   神崎落花生は京都・舞鶴市の神崎地区で栽培されているが、存続の危機に瀕している。J-CASTトレンドは、ソラアオがこの落花生を応援している背景を取材した。

  • 神崎落花生で作ったピーナッツバターの力強い味わいを感じられるチーズケーキ
    神崎落花生で作ったピーナッツバターの力強い味わいを感じられるチーズケーキ
  • 神崎落花生生産者・村上氏
    神崎落花生生産者・村上氏
  • ソラアオオーナー・福本氏
    ソラアオオーナー・福本氏
  • 神崎落花生で作ったピーナッツバターの力強い味わいを感じられるチーズケーキ
  • 神崎落花生生産者・村上氏
  • ソラアオオーナー・福本氏

落花生農家いまや2軒

   舞鶴市神崎地区は海辺に位置し、神崎落花生は砂地の畑で栽培されている。砂は土に比べて水を蓄えることができず、植物を育てるのは難しい。だが、植物の性質上、肥えていない土地ほど子孫を残すため種子に栄養がいき、おいしくなるのだという。こうして作られた神崎落花生は薄皮まで香ばしく育ち、高級料亭で使われている。

   落花生は約9割を輸入に頼り、国内生産は1割程度。神崎落花生はその中の0.003%しか生産されていない。過疎・高齢化が進む神崎地区では、農業の生産量が年々減少し、販売目的で栽培する落花生農家はいまや2軒だけだ。地元・舞鶴の住民からも「京都で落花生が栽培されていることを知らなかった」という声が寄せられた。

砂地で栽培されることでおいしくなるという神崎落花生
砂地で栽培されることでおいしくなるという神崎落花生

   ソラアオでは、神崎落花生のおいしさを広く知ってもらいたいと「落花生チーズケーキ」を開発。農家や食材にスポットライトを当てるため、今回あえてクラウドファンディングを実施した。30万円を目標に掲げたところ、500万円を超える支援が寄せられた。注目を集めたことで、神崎落花生のチーズケーキは京都府舞鶴市のふるさと納税に選定され、神崎落花生を栽培したいという農家から手が挙がった。

姉妹サイト