2023年 9月 24日 (日)

「サル痘」日本でついに感染者 根絶した「天然痘」が治療のカギに

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   世界的に「サル痘」の感染者が急増している。日本でも2022年7月26日、初めて感染者が確認された。

   その結果、「天然痘」についての関心が高まっている。サル痘と天然痘は、別の病気だが、体に発疹ができるなど症状に似ているところがある。しかも、サル痘の予防には、天然痘のワクチンが効くとされているからだ。

  • 天然痘のワクチンが有効だという(写真はイメージ)
    天然痘のワクチンが有効だという(写真はイメージ)
  • 天然痘のワクチンが有効だという(写真はイメージ)

人類を最も大量に殺害した感染症

   天然痘は、天然痘ウイルスによる感染症だ。紀元前1万年以上前から地球上に何度も出現してきた。致死率が極めて高く、人類を最も大量に殺害した感染症として知られる。英国の医師ジェンナーによって、19世紀末に世界初のワクチン、天然痘ワクチンの「種痘」が開発され、各国で実施されたことにより、1980年にはWHO(世界保健機関)が根絶を宣言した。

   それ以前の段階では、日本でも幼少時に種痘を受けることが普通だった。『感染症の近代史』によると、明治天皇も江戸時代末期の幼少時に、蘭方医による種痘を受けている。

   近年、日本では種痘は行われていないので、今や免疫を持っている人はほとんどいない。

   サル痘は最近発見された病気ではない。1950年代にアアフリカで見つかり、すでに一定の対応策が講じられている。したがって今回、世界的に拡大した段階で、天然痘のワクチンが有効だということが公表されてきた。時事通信によると、欧州連合(EU)欧州委員会は7月25日、天然痘ワクチンをサル痘予防用として使用することを承認した。

   このように、サル痘には効果的なワクチンがあり、また治療薬も承認済みだということが、新型コロナウイルスの初動期とは大きく異なっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!