安倍晋三元首相の国葬 若者は賛成、高齢者は反対が多い

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   安倍晋三元首相の国葬について、テレビや新聞、通信社による世論調査が次々と公表されている。

   際立つのは世代間ギャップだ。年齢層の若い世代では、国葬に「賛成」が多数を占めるが、高齢者では、「反対」が多くなっている。

  • 国葬の是非は(写真はイメージ)
    国葬の是非は(写真はイメージ)
  • 国葬の是非は(写真はイメージ)

年齢層で回答が異なる

   FNNは2022年7月23、24日、全国の18歳以上の男女を対象に電話で世論調査した。国葬決定について、「よかった」が31.0%、「どちらかと言えばよかった」が19.1%。あわせて50.1%の人が「よかった」。一方、「よくなかった」は32.1%、「どちらかと言えばよくなかった」は14.8%。あわせて46.9%の人が「よくなかった」と答えた。

   特徴的だったのは、回答者の年齢層によって、「よかった」「よくなかった」が分かれたこと。「どちらかと言えば」も含めると、18~19歳を含めた20代は、「よかった」67.3%、「よくなかった」31.4%。30代は、それぞれ62.7%と30.3%。40代は、52.5%、46.7%。50代は、44.4%、51.7%。60代は、44.4%、54.2%。70歳以上は、39.1%、57.0%。

   年齢の若い人ほど「よかった」と答える人が多く、年齢の高い人ほど「よくなかった」と答える人が多かった。

   日経新聞も7月29~31日に電話世論調査を行い、国葬の賛否を聞いた。それによると、「賛成」43%、「反対」47%。「賛成」は18~39歳では57%、40~50代では45%、60歳以上では38%だった。

姉妹サイト