2024年 2月 28日 (水)

韓国の観光ビザ巡り転売? 「申請予約枠売ります」とツイッターに

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   韓国は2022年6月に観光ビザ(査証)の発給を再開した。現状、観光目的で韓国に入国する日本人は、通常はビザの申請が必要だ。8月4日~31日の間は一時的な対応としてビザ無しでの渡航が認められているが、以降もこの措置が続くかは発表がない。延長がなければ、9月からは再びビザが必要となるだろう。

   ビザ発給の申請受付にあたり、日本国内各地域の公館によっては事前の訪問予約を求められる。申請希望者が殺到し、各日程の予約の枠が埋まる事例も起きている。さらにツイッター上ではこの訪問予約をめぐって、金銭的な取引を持ち掛けるような投稿がみられる。

  • ビザ申請予約の枠まで「転売」するのか (画像は駐日韓国大使館)
    ビザ申請予約の枠まで「転売」するのか (画像は駐日韓国大使館)
  • ビザ申請予約の枠まで「転売」するのか (画像は駐日韓国大使館)

大使館の予約はいっぱい

   駐日韓国大使館の6月22日付発表によると、近ごろは一般査証、観光ビザ申請者が急増。このため同館では7月4日から「領事民願24」というサイトで訪問予約を求めるようになった。予約後の来館時には「予約確認書」を所持するように呼びかけている。

   前述通り、この予約枠は埋まってしまうことがある。8月18日からは、8月22日~26日と8月29日~9月2日の日程分の予約を受け付けている。記者が8月24日に「領事民願24」で確認したところ、これらの日程における「VISA 個人申請」はすでに新規予約ができなくなっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!