2022年 12月 1日 (木)

ゴダール監督は「安楽死」を選んだ 世界に大きな「問いかけ」を残す

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」などで知られる仏の映画監督、ジャンリュック・ゴダールさんが2022年9月13日、スイスの自宅で死去した。91歳、「安楽死」だった。日本では認められていないが、欧州では一部の国で合法とされている。

   ゴダールさんの死で、改めて「安楽死」が注目されることになりそうだ。

  • 私たちが問われている「生と死」の問題とは(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
    私たちが問われている「生と死」の問題とは(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
  • 私たちが問われている「生と死」の問題とは(写真はイメージ。本文とは関係ありません)

橋田壽賀子さん「私は安楽死で逝きたい」

   ゴダールさんは1950年代後半から、仏の新しい映画運動「ヌーベルバーグ」の旗手として、世界の映画人に多大な影響を与えた。

   読売新聞によると、体調に異常はなく、スイスで部分的に合法化されている安楽死を選んだ。遺族の声明によると、ゴダールさんは「穏やかに亡くなった」という。

   一般的に、「安楽死」は人為的に寿命を短くさせることとされている。延命治療を施さずに最期を迎える場合は「尊厳死」と言われている。

   「安楽死」への関心は近年、日本でも盛り上がりつつある。特に話題になったのは、作家の橋田壽賀子さんが書いた「私は安楽死で逝きたい」だった。2016年12月号の月刊誌「文藝春秋」に掲載されたもので、同年の「文藝春秋読者賞」(読者が選ぶ年間の最優秀賞)に選ばれ、のちに単行本化されるなど、大きな反響があった。

   さらに17年12月には、ジャーナリストの宮下洋一さんが、スイスの自殺幇助団体に登録する日本人や、「安楽死事件」で罪に問われた日本人医師を訪ねたルポ『安楽死を遂げるまで』(小学館)を発表。第40回講談社ノンフィクション賞を受賞した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安楽死を遂げるまで [ 宮下 洋一 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/9/17時点)


   宮下さんは19年5月には、『安楽死を遂げた日本人』(小学館)も発表。関連してNHKは同6月、スイスで安楽死した日本人女性のドキュメンタリー「彼女は安楽死を選んだ」をNHKスペシャルで放送している。

仏では終末医療に関する国民対話集会

   産経新聞によると、欧州ではオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スペインが安楽死を合法化。スイスは自殺ほう助を容認している。

   仏は2005年、安楽死を禁じたまま尊厳死を法制化し、患者の意思を尊重して延命医療を停止できるようにしたが、「死の自決権」を求めてスイスに渡航する患者が続出。昨年の世論調査では「不治の患者の苦痛を救うため、本人の要請に基づく安楽死を認めるべき」と考える人が93%を占めた。

   ゴダールさんが亡くなった13日、仏のマクロン大統領は、終末医療に関する国民対話集会を10月から実施すると発表した。安楽死容認の是非が焦点になっており、論議の結果をもとに、来年末までに新たな法制定を目指すという。

   ゴダールさんの死を悼む評伝で、朝日新聞は14日、映画には3つ革命があったと記している。1920年代の音声、30年代の色彩、そして3つ目がヌーベルバーグだ。音声と色彩はテクノロジーが生んだものだが、ヌーベルバーグは、ゴダールさんらの天才的な創意が生み出したものだった、と強調している。

   ゴダールさんの作品は、常にセンセーションを巻き起こしてきた。今回、その死において「安楽死」を選んだことは、世界への大きな問いかけとして、また新たな論議を呼ぶことになりそうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!