2022年 12月 3日 (土)

断水続く静岡市清水区に支援の手 松屋、くら寿司が飲料水や茶を

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   台風15号は、静岡県に大きな被害をもたらした。静岡市清水区では、2022年9月24日から大規模な断水が続いている。26日時点で6万3000戸に及び、27日現在も解消していない。

   市は清水区内で、給水車による応急給水などで対応している。加えて大手飲食チェーンも、被災住民に向けて飲食面の支援を始めた。回転ずしチェーン「くら寿司」は、独自の「給水車」を用意。牛丼チェーン「松屋」では、牛丼と茶の格安セットを販売中だ。

  • 写真右下のポスターには「水」とあるが、実際に提供しているのは「ブレンド茶」
    写真右下のポスターには「水」とあるが、実際に提供しているのは「ブレンド茶」
  • 写真右下のポスターには「水」とあるが、実際に提供しているのは「ブレンド茶」

東日本大震災、熊本地震でも

   静岡市の公式サイトによると、清水区内の一部エリアでは9月27日現在水道水が出始めているが、トイレなど最低限の使用にとどめ、飲用にはしないよう呼びかけている。住民は今も、飲料水の確保に苦労しているのだ。

   この事態を受け、支援に乗り出した企業がある。そのひとつが、くら寿司だ。区内にある「清水二の丸店」で9月26日から、無料の給水支援を実施している。

   同社広報によると、26日は朝9時から21時まで、27日も朝8時から提供している。世帯あたりの制限はない。28日も朝9時からスタート予定で、なくなり次第終了だという。

   2011年の東日本大震災発生時、くら寿司は、当時の東北エリアを担当する現場責任者の判断で、店舗に在庫のあった食料を無料配布したという。この経験から以降は、有事の際の支援対応を視野に入れるようになった。2016年の熊本地震でも、炊き出しを実施した。

   今回、9月25日には本社の社員が動き、給水用に使う車両の手配を済ませたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!