2022年 12月 3日 (土)

国宝「曜変天目」丸の内に登場 静嘉堂文庫美術館が明治生命館に移転

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   古美術の美術館として有名な静嘉堂文庫美術館が2022年10月1日、東京・丸の内に移転した。リニューアルオープンの記念展として、「響きあう名宝―曜変・琳派のかがやき―」が開催されている。国宝「曜変天目(稲葉天目)」など、同館が所蔵する多数の名品が展示されている。

  • 東京・丸の内の明治生命館
    東京・丸の内の明治生命館
  • 東京・丸の内の明治生命館

創立130周年で移転

   静嘉堂文庫は、三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助が1892年、自邸内に創設した文庫「静嘉堂」がルーツだ。古典籍や古美術の収集で知られる。

   これまで東京都世田谷区岡本にあったが、創立130周年を期に、ギャラリー部門を東京・丸の内の明治生命館1階へ移転することにした。新美術館は、地下鉄千代田線二重橋前駅 3番出口に直結しており、東京駅の丸の内口からも徒歩5分、お堀端に面した好立地。アクセスが格段に便利になった。

   明治生命館は、1934年竣工。昭和初期の代表的な近代洋風建築。大理石を多用した重厚な建築美の中に、高い天窓から自然光が差し込む構造だ。97年に、昭和期の建造物としては初めて、国の重要文化財に指定されている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッポンの名茶碗100原寸大図鑑 [ 小学館 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2022/10/1時点)


   岩崎弥之助は明治期、丸の内でビジネス街の建設を進めたことで知られる。当時から丸の内に「ミュージアム」を造りたいと願っていたという。百余年の歳月を経て、創立者の夢が実現することになった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!