2024年 2月 22日 (木)

新型iPadから「Lightning」消えた 「USB-C」に統一、次はiPhoneも...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   米アップルのタブレット端末「iPad」の最新シリーズで、充電、データ伝送規格「Lightning」が姿を消す。スマートフォン(スマホ)「iPhone」でも、今後LightningからUSB-Cに移行するのだろうか。

   2022年10月19日に予約受付を開始した新型iPad(第10世代)は、「USB Type-C」コネクタを採用している。他機種「iPad Pro」「iPad mini」「iPad Air」ではすでにUSB-Cを導入しており、iPadシリーズ内では規格が統一されたかっこうだ。

  • USB-C(左)に統一され、Lightning(右)ケーブルはお役御免?
    USB-C(左)に統一され、Lightning(右)ケーブルはお役御免?
  • USB-C(左)に統一され、Lightning(右)ケーブルはお役御免?

EUのUSB-C統一法がカギ

   アップル以外のスマートフォンや周辺機器で広く採用されているUSB-C。互換性や充電の速さといったメリットから、インターネット上の報道ではiPhoneにもUSB-Cの採用を期待する向きがたびたび浮上する。しかし、22年9月16日発売の最新機種「iPhone 14」「14 Pro」シリーズはLightning規格を採用している。

   ITジャーナリストの三上洋氏に取材した。今後のiPhoneは、USB-Cに移行せざるを得ないと分析する。2023年秋に新機種が発売されれば、採用されるのではないかとの予想だ。

   根拠は、EU(欧州連合)で進められているUSB-C統一法だ。EU内で発売される全てのスマホやタブレットに、USB-Cポートを装備するよう義務づける法律で、法案は22年10月4日に欧州議会で採択された。各スマホメーカーは、2024年末までに対応しなければならない。

   三上氏によると、EUはアップルにとってiPhoneを売り出すスマホ市場として無視できない存在。同社も統一法への対応を行うとみる。

   EU向けにのみUSB-Cを搭載したモデルを製造し、他地域では従来通りLightning搭載モデルを販売するという手法も考えられる。しかし生産コストがかさみ効率的ではないため、全地域でiPhoneの規格をUSB-Cに一本化するのではと三上氏は話す。「Ligtningケーブルは無くなるのだと思います」。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!