2024年 2月 24日 (土)

「サクマ式ドロップス」転売ヤーすぐ高額出品 100円の品が「2つで2000円」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   終売や人気商品に群がる転売ヤー。今度は、赤い缶の「サクマ式ドロップス」がターゲットだ。

   メーカーの佐久間製菓が、2023年1月20日に廃業すると報じられると、ECサイト「アマゾン」、フリマアプリ「メルカリ」では早速サクマ式ドロップスの転売が相次いでいる。

  • サクマ式ドロップス、写真左は復刻版(写真:ロイター/アフロ)
    サクマ式ドロップス、写真左は復刻版(写真:ロイター/アフロ)
  • サクマ式ドロップス、写真左は復刻版(写真:ロイター/アフロ)

114年の超ロングセラー

   「サクマ式ドロップス」は1908(明治41)年に誕生し、今年で114年の超ロングセラー。アニメ映画「火垂るの墓」(1988年公開)にも登場した。登場人物・節子の好物として劇中では頻繁に描かれており、そのため多くの世代に知られた菓子だ。現在は内容量75グラム(g)と115gの商品がある。

   75gの販売価格を調べると、ホームセンター「カインズ」の公式ECサイトで100円(税込)、家電量販店「ヨドバシカメラ」のECサイト「ヨドバシ.com」では162円(同)で販売されていた。また115gの商品は、「ヨドバシ.com」で216円(同)だった。いずれも現在は在庫がない。

   転売価格は、どうなっているだろう。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!