2024年 3月 3日 (日)

柄谷行人さんに「哲学のノーベル賞」 日本の「文系」が国際的に評価された

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   哲学者の柄谷行人さんが「哲学のノーベル賞」といわれるバーグルエン哲学・文化賞を受賞した。米カリフォルニア州のシンクタンク、バーグルエン研究所が2022年12月8日、発表した。アジアでは初めての受賞者だという。

  • 哲学者・柄谷行人さん
    哲学者・柄谷行人さん
  • 哲学者・柄谷行人さん

賞金は100万ドル

   柄谷さんは1941年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学大学院人文科学研究科英文学専攻課程修了。法政大学教授などを務めた。

   文芸批評からスタートし、哲学・思想など幅広い分野の研究や評論で知られる。『畏怖(いふ)する人間』『日本近代文学の起源』『探究Ⅰ』『探究Ⅱ』『隠喩としての建築』『世界共和国へ』『世界史の構造』『哲学の起源』『力と交換様式』など多数の著書がある。

   朝日新聞によると、同賞は、バーグルエン研究所の所長で慈善家のニコラス・バーグルエンさんが2016年に創設。「急速に変化していく世界のなかでその思想が人間の自己理解の形成と進歩に大きく貢献した思想家」に毎年授与している。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

畏怖する人間 (講談社文芸文庫) [ 柄谷 行人 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2022/12/9時点)


   ノーベル賞には哲学部門がないので、同賞は「哲学のノーベル賞」とも呼ばれているという。

   柄谷さんの受賞理由は「現代哲学、哲学史、政治思想に対する極めて独創的な貢献」。賞金は100万ドル(約1億3700万円)。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!