2024年 2月 22日 (木)

「彼氏が自分の友人と浮気」すら笑う 「大人の女ミュージシャン」感情の奥底

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
【作リエイターズアトリエ(通称「作リエ」)】
テレビアニメ「ポプテピピック」のゲームパートを描き、映像制作やイベント主催など、フリーランスでマルチに活躍する山下諒さん。隔週水曜夜、各分野で活躍中のゲストクリエイターや美大生を招いて、「創作」をテーマに、ツイッターの「スペース」や「オンラインセミナー」で語らう企画が「作リエ」だ。
連載では、スペースで出た話題から、エッセンスを抽出してお届けする。
未来のゲストは、今この記事を読んでいるあなたかも?

   第11回のゲストは、ミュージシャン、広告デザイナー、コピーライター、映像作家など、さまざまな顔を持つアーティスト・近視のサエ子さん。テーマは「悲しいから可笑しいの オトナの女アーティストに聞く『笑い』の醸し方」だ。スペースアーカイブはこちらから。

  • 近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)
    近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)
  • 近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)

悲しい出来事は「舞台化」

   サエ子さんは「熟せばややこしくなるものなのよ、女って」を活動テーマに掲げている。直近では、「ややこしい女が、ややこしい恋愛にどハマりするミニ曲集」として、「ややこしLOVE」を2022年12月7日にデジタルリリースした。ややこしさから生まれる切なさ、可笑しさを、作品を通じて表現している。

   例えば、2022年5月にリリースした楽曲「女、深夜の麺屋にて」MVには、深夜のラーメン屋で号泣しながら麺をすする女と、様子をそっと見守る店主が登場し、物悲しくも不思議な空気感が二人の間に醸し出される。見る人にはそれが、じんわりと面白い。

「女、深夜の麺屋にて」MVより
「女、深夜の麺屋にて」MVより

   父がアマチュア劇団の主宰を務めていた影響で、舞台や劇に慣れ親しんで育ってきたというサエ子さん。笑いをストレートに伝えるよりは、「ギャップや物語性があり、一周回って喜劇に見える」作品づくりを好むようだ。

サエ子さん「すごく悲しいことがあったときって、頭の中で舞台を見ているような気持ちになるんですよ。向き合わなきゃいけないものから、一歩離れたくなるというか」

   サエ子さんは、かつて交際していた彼氏が、自分の友人と浮気をしていた実話を披露した。非常に傷ついたが、しょんぼりしている彼氏と、すっぴんで怒りながら問いただしている自分を俯瞰したら、「舞台のように感じられて、可笑しいなと思った」。チャップリンの名言「人生は近くで見ると悲劇だが、 遠くから見れば喜劇である」をほうふつとさせる。

制作風景(音楽プロデューサー 松浦恵 事務所にて)
制作風景(音楽プロデューサー 松浦恵 事務所にて)
山下さん「笑いって種類がありますよね。自分は『勢いに任せた全力投球ギャグ』が得意です。とにかくボケ倒し、見ている人にツッコませる。ツッコミ役がいるギャグが書けないです」
サエ子さん「わかります。ツッコミ役がいる笑いって難しいです。ツッコむワードにセンスがないというか、自分の中で納得感のあるツッコミにならないですね。憧れますけど!」

   憧れているものを自作しようとすると、なかなか上手くはいかない。

   「女、深夜の麺屋にて」MVは、サエ子さんが好きなお笑いコンビ「ラーメンズ」の世界観をリスペクトして制作した。しかし、マンガ編集者の知人から「ラーメンズを目指したMVだとわかるが、近視のサエ子があの空気感を出そうとすると、一気に『エロティック、場末感』が出てしまう」と指摘されたと話す。

サエ子さん「すごいなと思うものを狙っても、思う通りにならない。作る人の色は絶対に出てしまうので。でも最近はそれを『仕方ないな、自分の色だから』と受け容れられるようになりました」
数少ない貴重なライブ写真(photo by Maki Amemori)
数少ない貴重なライブ写真(photo by Maki Amemori)
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!