2024年 3月 3日 (日)

藤井聡太五冠も愛用「AMD」搭載PC 「Ryzen」好調でインテルとCPU競争激化

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   パソコンの頭脳とされるCPU(中央演算処理装置)で、米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)社の「Ryzen(ライゼン)」という製品が目立つようになっている。CPUは長年、米インテル社製品の存在が圧倒的だった。現在も同社CORE(コア)シリーズが大きなシェアをしめているが、1強時代は過ぎたようだ。

  • 藤井五冠はAMDブランド広告に出演。「私自身もAMDユーザー」とコメントしている
    藤井五冠はAMDブランド広告に出演。「私自身もAMDユーザー」とコメントしている
  • 藤井五冠はAMDブランド広告に出演。「私自身もAMDユーザー」とコメントしている

ミドルからハイエンド向け

   「Ryzen」は2017年の発売。CPUの世界ではニューフェースだ。性能の割に安いということで売り上げを伸ばしてきた。インターネットのパソコン商品紹介サイトでチェックすると、掲載されているパソコン製品の2割ほどが「Ryzen」を採用している。日本のメーカーよりも、海外メーカーの採用率が高いようだ。

   米ヒューレットパッカード社によると、AMDのCPUもインテル社製CPUのように幾つかのシリーズを販売している。その中でも代表的なのがRyzenシリーズで、ミドルからハイエンド向けのCPUだという。


   2021年7月21日の日経新聞「『PCの頭脳』コスパ重視、AMD、割安CPUで存在感、インテル搭載より2万円安」という記事によると、AMDの安さのカギは開発と製造の水平分業にある。AMDは最先端の半導体製造技術を持つ台湾積体電路製造(TSMC)に生産を委託。莫大な生産投資コストを抑えて開発に資源を集中してきた。

   日本では、将棋の藤井聡太五冠が「AMDを使用している」と発言して知名度が高まったという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!