2024年 2月 23日 (金)

箱根駅伝で育英大・新田颯サプライズ爆走 1区リードしながら考えていたのは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「第99回東京箱根間往復大学駅伝」は2023年1月2~3日に行われ、駒澤大学が2年ぶり8度目の総合優勝を果たした。出雲、全日本に続いて大学駅伝三冠を達成した。

   今大会では、想定外のヒーローも誕生した。育英大学4年の新田颯選手だ。オープン参加の関東学生連合チームの第一走者として往路1区(21.3キロ)を快走、一時は区間賞を取りかねない勢いだった。無名選手でも、箱根で活躍できることを見せつけた。

  • 箱根駅伝のスタートとゴール地点、東京・大手町の読売新聞東京本社前にある「絆」の像
    箱根駅伝のスタートとゴール地点、東京・大手町の読売新聞東京本社前にある「絆」の像
  • 箱根駅伝のスタートとゴール地点、東京・大手町の読売新聞東京本社前にある「絆」の像

長身、大きなストライド

   往路1区は、全10区間で争われる箱根駅伝の出だしを決める重要区間だ。選手がテレビの実況中継に映る時間も長く、注目度が高い。各大学は準エース級を投入、これまでに数多のヒーローが生まれてきた。

   今回は、ややスローペースのスタート。参加20校の有力大学の第一走者は互いにけん制しあい、集団が動かない。その塊からいち早く、1人で抜け出したのが関東学生連合の新田選手だ。長身、大きなストライドで軽快に飛ばす。

   同連合は、チームとして出場できなかった大学から、予選会で優れた成績を残した選手をピックアップ、特別編成されている。記録や順位は参考にとどまり、正式にはカウントされない。

   そんな「日陰」の存在にもかかわらず、新田選手は精力的にトップを爆走した。10キロ地点では1分以上も、2位集団を突き放す。

   ゴール近くになって足にアクシデントがあり、トップを譲ったが、力走ぶりは、沿道はもちろんテレビで観戦するファンを沸かせた。ツイッターでは一時、「新田」「育英大」がトレンド入りした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!