2024年 4月 23日 (火)

インフルエンサー 綿矢りささんはクラスの人気女子を思い出す

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   LEE 1・2月合併号の「ま、さじ加減でしょ。」で、綿矢りささんがインフルエンサー(影響力のある情報発信者)について論じている。作品は、まだそんな表現さえなかった30年近く前の、子ども時代の思い出話から始まる。

   「インフルエンサーという言葉を聞くたびに思い出すのは...」という冒頭、何を思い出すのかといえば、小4の時の級友、鈴城さん(仮名)をめぐる「プクプクシール事件」だという。綿矢さんの年齢からして1990年代半ば、生地 京都でのことだろう。

「小学生の私はシール集めに情熱を燃やしていて、度々行く文具屋さんのシールコーナーに佇むのが至福のときだった」

   子どもたち、とりわけ女子の間でシールが流行していた頃で、いろんな工夫を凝らした新作が次から次に発売されていたそうだ。そこに、プクプクシールが登場する。

「シール自体の持つ粘着力ではなく、上から十円玉などでこすって、紙の上に転写する...保護シートをぺりりとはがすと、まるでペンで描いたように可愛いキャラクターが転写され...線が少し立体的に膨らんでいる...これはシール革命だと思った」

   縁だけが浮き上がったキャラクターは、シール好きには斬新そのものだった。綿矢さんは小一時間かけて一番気に入ったものを1シート買い求め、学校へと持参する。

「陰キャ(陰気なキャラクター=冨永注)としか言いようがない当時の私の周りに、初めて小さな人だかりができた。『何そのシール、おもしろ~い!』 クラスで一番人気の女子、鈴城さんまで声をかけてきた」
  • 小学校の同級生にも「インフルエンサー」がいる!?
    小学校の同級生にも「インフルエンサー」がいる!?
  • 小学校の同級生にも「インフルエンサー」がいる!?

先見性+人気と財力

   鈴城さんの登場である。女子からも男子からも愛され、勉強も体育も料理もできて、おまけに可愛い人気者だ。彼女とシールで盛り上がれたことで有頂天になった筆者は、文具屋の名と場所を教え、ハサミで切り離した一枚をあげた。そして翌日の昼休み...

「鈴城さんの周りには人だかりができていて、彼女の机の上にはプクプクシールが山盛りあった。途方もない財力と行動の素早さである」

   鈴城さんは大量に買い込み、気前よく級友たちに分け与えていた。

   プクプクはたちまちクラス中で大流行となる。わざわざ〈これ鈴城さんが流行らせてんで〉と知らせてくれる子もいた。綿矢さんは「最初に見つけたのは...」と言いかけて、落ち込んだ。「あの鈴城さんと同じものを持ちたい、欲しいという気持ちでハマった子も多い」と悟ったのだ。私ではムリだと。

   鈴城さんは〈りさちゃんもこのシール好きやったよね〉と、丸ごと1シートをくれた。綿矢さんはその太っ腹にあっさり感服する...〈メッチャいいひとやん〉

「インフルエンサーには先見の明以上に、人気やある程度の財力が必要だ...人気のある人と同じものを持ちたいという気持ちを呼び覚まし、次第に同じものを持ってる人たちと連帯感が生まれて、遊びが広がっていく」

   綿矢さんは、インフルエンサーが話題になると鈴城さんの顔を思い浮かべる。

「誰かが何かを流行らす心理は結局、教室も社会もあんまり変わらないのかもしれない」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!