2024年 2月 28日 (水)

PayPay「インフルエンザ特化保険」で思い出す 「コロナ保険」のその後

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   キャッシュレス決済アプリ「PayPay」内から加入できる「PayPayほけん(1dayほけん)」。「インフルエンザお見舞い金」という保険商品を、2023年1月11日に提供開始した。「PayPay保険サービス」と住友生命保険子会社の「アイアル少額短期保険」が販売する。

   住友生命の発表によると、インフルエンザに特化した保険商品は国内初とのことだ。ツイッター上ではこれを受けて、2021年ごろに注目された「コロナ保険」を連想する人が複数みられる。

  • 感染症に備えて、スマートフォンで保険加入 (写真はイメージ)
    感染症に備えて、スマートフォンで保険加入 (写真はイメージ)
  • PayPayで加入できる「インフルエンザお見舞い金」
    PayPayで加入できる「インフルエンザお見舞い金」
  • 感染症に備えて、スマートフォンで保険加入 (写真はイメージ)
  • PayPayで加入できる「インフルエンザお見舞い金」

少額の保険料で加入可能

   「PayPayほけん(1dayほけん)」は、PayPayですでに本人確認を終えているユーザーであれば、アプリ上で氏名などの情報入力が不要でスムーズに申し込める。

   契約期間中にインフルエンザA型もしくはB型にり患し、病院で抗インフルエンザ薬処方を受けると、治療保険金が支払われる。金額は年齢やプランによってまちまち。20歳~99歳で「お手軽」プランを利用する場合、保険料は月額250円、治療保険金は3000円だ。

   2021~22年にかけてはこのインフルエンザお見舞い金のように、少額の保険料で加入可能な、新型コロナウイルス感染症に特化した保険商品が注目を集めた。

   例えば、PayPayほけんが21年12月16日に提供を開始した「コロナお見舞い金」。引き受け会社は損害保険ジャパンだ。新型コロナウイルス感染時に感染すると、5万円の保険金が支払われる。当初の保険料は3か月あたり500円だった。PayPay社の22年1月21日付発表では、「コロナお見舞い金」の加入数は提供開始から1か月で5万件を超えたとなっていた。

   ところが感染拡大の影響により22年2月、保険料を1500円(3か月)に値上げ。22年8月4日には、コロナお見舞金の販売を新規・継続ともに停止した。損害保険ジャパンの同日発表によると、新型コロナ「第7波」による感染拡大が続いていた中、「感染状況を踏まえ」決定した。

    23年1月12日現在も、コロナお見舞い金は取り扱いが停止されたままだ。公式サイトにアクセスしても申し込めない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!