2024年 4月 25日 (木)

ポータブル電源「BLUETTI EB3A」が超便利 「買ってすぐ使える」記者が体験リポート

提供:BLUETTI JAPAN

   ポータブル電源は、あらかじめ電気を蓄えられるバッテリーだ。アウトドアのレジャーに加えて、自然災害で停電が発生したような緊急時に使える。ただ製品の保管には場所を取り、値段が高いケースも少なくない。

   これまで購入を見送ってきた人に、朗報だ。お手ごろ価格で、サイズもコンパクトなポータブル電源が登場したのだ。J-CASTトレンド記者が、基本操作を含め実際に使ってみると、これがとても便利だった。

  • 「BLUETTI EB3A」使ってみた
    「BLUETTI EB3A」使ってみた
  • 側面と裏面
    側面と裏面
  • アプリ接続するには、本体電源が入っている必要がある
    アプリ接続するには、本体電源が入っている必要がある
  • ほかにも細かい設定ができる
    ほかにも細かい設定ができる
  • 「BLUETTI EB3A」使ってみた
  • 側面と裏面
  • アプリ接続するには、本体電源が入っている必要がある
  • ほかにも細かい設定ができる

9台の機器が同時充電できる

   ポータブル電源、蓄電池を販売するBLUETTI JAPAN(神奈川県相模原市)の小型ポータブル電源「EB3A」は、横が約25センチ(cm)、縦と奥行きがそれぞれ約18cm。60サイズの段ボールとほぼ等しいサイズで、収納スペースに困るひとり暮らしにはありがたい。

   色は「スチールグレー」と「ベージュ」の2色。やわらかな色味とシンプルなデザインは、収納せず部屋の隅に置いてもインテリアの雰囲気を大きく損ねない。

   出力ポートは9個だ。充電したい機器をここにつなぎ、ポータブル電源から給電する。シガーソケットや「USB-A」「TYPE-C」等が使える「DC電源ボタン」と、コンセント充電が可能な「AC電源ボタン」、そして「ワイヤレス充電」がある。それぞれ、線で区分けされていて見分けやすい。

   一方、充電用ポートは2個。これはポータブル電源の蓄電用だ。AC入力ポートは、フタを開けて付属の「ACアダプター充電用ケーブル」をつなぐと、一般家庭のコンセントや発電機から給電できる。もう1つのDC入力ポートは、ソーラーパネルや車からの充電が可能だ。使う際は「PV充電用MC4ケーブル」や「DC7909シガーソケットケーブル」の購入が必要になる。

   充電用ポートと同じ区画には、「入力サーキットブレーカー」(断路器)がある。接続されている電化製品の総電力が最大電力を超えると、サーキットブレーカーが作動し、ポータブル電源は電力出力を停止する仕組みだ。

   また、「パススルー充電」にも対応し、充電しながら給電できる。簡易UPS(無停電電源装置)が付いているため、停電が発生しても接続機器への給電は止まらないので、安心して使用できる。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック