2024年 2月 27日 (火)

コロナ変異株「XBB.1.5」警戒を 感染力強くワクチンで得た免疫すり抜ける恐れ

   新型コロナウイルスのオミクロン株の1つ、「XBB.1.5」に関する報道が目立つようになっている。米国ではこのところ感染者の約4割を占めている。感染力が強く、免疫をすり抜ける確率も高いとされ、日本でも警戒感が高まっている。

  • 変異株「XBB.1.5」は、すでに広まり始めている
    変異株「XBB.1.5」は、すでに広まり始めている
  • 変異株「XBB.1.5」は、すでに広まり始めている

略称は「グリフォン」

   「XBB.1.5」は、複数のタイプの新型コロナウイルスが組み合わさった変異ウイルス。NHKによると、2022年春ごろから日本国内でも広がったオミクロン株の「BA.2」の2つのタイプが組み合わさった変異ウイルス「XBB」に、さらに変異が加わっている。

   XBB(エックスビービー)というのが読みづらいため、「グリフォン」と呼ばれることも多い。

   日本テレビによると、2022年10月22日から23年1月11日までに38か国で確認されている。

   特に目立っているのが米国。1月14日までの1週間で新規感染者に占めるXBB.1.5の割合は43%に。2022年12月3日時点の推計2.3%から1か月あまりで、およそ40ポイントも増加している。

   WHO(世界保健機関)は1月11日、「XBB.1.5」の特徴やリスクについて、専門家による初期調査の結果を公表した。それによると、比較的、感染力が強い傾向があり、過去の感染やワクチン接種で得た免疫から逃れる性質もこれまでの変異株の中で、最も強い部類に入るとみられるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!