2024年 2月 23日 (金)

「住みやすさのわりに家賃が安い駅ランキング」 3位金町、2位川口、1位は

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   情報サイト「LIFULL HOME'S PRESS」(ライフルホームズプレス)は、「【一人暮らし×都心通勤・通学編】住みやすさのわりに家賃が安い駅ランキング2023」を、1月10日に発表した。

  • 都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?
    都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?
  • 都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?
    都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?
  • 都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?
  • 都心に通う人にとって、「近い・安い・住みやすい」駅は?

洪水ハザードマップの確認を

   春の新生活に向けて、東京都心の職場・学校に通いやすい駅としてJR山手線各駅と山手線各駅から、20分圏内にある駅をリサーチ。「駅周辺の施設が充実しているわりに家賃が抑えられる駅」をランキング化した。

   その結果、1位は亀有駅(JR常磐線・東京都葛飾区)、2位は川口駅(JR京浜東北線・埼玉県川口市)、3位は金町駅(JR常磐線・東京都葛飾区)となり、東京23区東部にあたる城東エリア、また東京と埼玉の県境となる川口エリアの代表駅が「近い・安い・住みやすい」ことが分かった。

   発表資料によると亀有駅は、地域にスーパー・弁当・総菜施設が充実しているほか活気のある商店街もあり、一人暮らしが初めてでも住みやすい駅だという。

   4位以下にも下町風情が感じられる城東エリアや埼玉県・神奈川県・千葉県の県境の駅がランクインしている。

   一方、荒川と江戸川の間となる城東エリアは「洪水浸水想定区域」に含まれる可能性が高く、そのリスクが家賃相場に反映されているとも予想される。物件探しの際はLIFULL HOME'Sの地図検索機能で洪水ハザードマップを確認しておくと、リスク度合いをチェックできるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!