2024年 3月 3日 (日)

カメラアプリ「SNOW」で話題「AIアバター」 現実離れしない程度に美化

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   カメラアプリ「SNOW」から登場した「AIアバター」が、女性たちの間でメイクや髪型の参考になると話題になっている。

   アプリで被写体の顔写真を10~20枚読み込むと、撮影者本人の顔の特徴はそのままに、写実風のイラストが生成される。

  • 「AIアバター」で生成した画像(SNOW Japan提供)
    「AIアバター」で生成した画像(SNOW Japan提供)
  • 1枚目画像のモデル写真(SNOW Japan提供)
    1枚目画像のモデル写真(SNOW Japan提供)
  • 「AIアバター」で生成した画像(SNOW Japan提供)
  • 1枚目画像のモデル写真(SNOW Japan提供)

SNSアイコンで使ってほしい

   ツイッター上では、自分の顔を使った画像を中心に、多くの人が「AI生成画像」を投稿して楽しんでいる。

   SNOWの日本法人「SNOW Japan」に取材した。日本統括の崔智安さんの話では、AIの画像生成に世界的に注目が集まったことが、「AIアバター」が生まれるきっかけになったようだ。

   「SNOWらしさ」としては、顔をきれいに写しつつも、ユーザーの顔でAI画像を生成する点にフォーカスを当てた点だという。そのため、ただAIに似顔絵を描かせるのではなく、現実の本人の顔から離れない程度に美化するというのを重視した。

   そして2022年12月末、「AIアバター」をリリースした。名称に「アバター」とある通り、撮影者自身の「分身」としてSNSアイコンなどで使ってもらうのを目的として開発したとの話だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!