2024年 2月 22日 (木)

VTuberが事務所を移籍する 実は一筋縄ではいかないと専門家が指摘

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アバターの姿で動画配信活動などを行う「VTuber」(バーチャルYouTuber)。事務所(VTuber運営会社)に所属しているVTuberが、「移籍」する事例がある。VTuber事務所「774 inc.」を運営する「774」(東京都新宿区)は2023年1月26日、所属VTuber「小森めと」さんが他社に移籍すると発表した。

   移籍先は、eSportsで活躍するVTuberグループ「ぶいすぽっ」だ。こちらはバーチャルエンターテイメント(東京都港区)が運営している。ツイッター上では「(VTuberが)移籍加入って珍しい」「今までありそうでなかった」といった反応が出ている。

  • 「VTuber」が移籍する? (画像はVR記者カスマル)
    「VTuber」が移籍する? (画像はVR記者カスマル)
  • VTuber「小森めと」さん (画像は774公式サイトから)
    VTuber「小森めと」さん (画像は774公式サイトから)
  • 「VTuber」が移籍する? (画像はVR記者カスマル)
  • VTuber「小森めと」さん (画像は774公式サイトから)

「本人がやりたいことができるように」

   小森めとさんについて774の発表によると、「本人から移籍の可能性について相談があり、ぶいすぽっ!運営様と相談をした上で本人がオーディションを受け、合格」。その後、両運営で話し合いをしたところ、移籍が決まった。「タレント本人がよりやりたい事ができるように考えた結果の判断となりました」とのことだ。

   VTuberがほかに「移籍」をした例を調べると、歌手活動をしているVTuber「アオノユウキ」さんが該当する。

   もともとは「蒼乃ゆうき」という名前で、VTuberプロデュース会社「Pictoria」(東京都中央区)に所属して活動していたが、2020年5月4日、Pictoriaからの脱退を発表した。

   同日のアオノさんによるツイッター上での説明によれば、本人は「歌姫」となることを志していたが、歌手活動をメインとして取り組むことができない状況だった。同じ投稿で、「信用できる移籍先で活動は続けていきます」と語っていた。同月25日に音楽事務所「447 Records」への移籍を発表し、以降は同事務所で活動している。

   小森めとさんのように、VTuberが他社や他事務所に「移籍」する事例は増えていくのか。デジタルハリウッド大学でVR、アバターによるコミュニケーションを研究している茂出木謙太郎准教授に取材した。話によると、VTuberの移籍は一筋縄ではいかないようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!