2024年 4月 19日 (金)

ミステリー小説の登場人物が自分になる!? 作中のキャラに名前つける権利

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   平成出版G(東京都港区)は、瞬那浩人氏の新作ミステリー小説「家出少女は危険すぎる」を、2023年5月に出版予定だ。新たな試みとして、同作の登場人物の名前や挿絵、写真を公募する。応援購入サービス「CAMPFIRE」上で、2月15日~3月30日に実施を予定している。

  • 憧れの「相棒刑事」にもなれる
    憧れの「相棒刑事」にもなれる
  • 憧れの「相棒刑事」にもなれる

お手頃価格のネーミングライツも

   「CAMPFIRE」で購入できるのは、登場人物に名前をつけられる「ネーミングライツ」、作中にスポンサー企業名や商品名を出せる権利だ。

   タイトルにある「家出少女」や主人公「女子大生」の名も、選択できる。配役ごとに設定金額が異なり、現在確認できる最も高額な役は、7万7500円の「女子大生」。最もお手頃な役は、5500円の「関係者B」だ。企業名や商品名を登場させられる権利は、1万5000円からとなる。

   本作は、女子高校生誘拐事件から不可解な殺人事件に発展するミステリー小説。女子高生の先輩である大学生カップルが、素人探偵として事件を追う。著者の瞬那氏によると、「昭和に流行した2時間サスペンス」のような設定だという。また、本編は「誰が犯人なのか」を当てることに重きを置いた「フーダニット(Who done it)」形式で、読者にはぜひ真相解明に挑戦してほしいとコメントしている。

   2月15日から開催予定のクラウドファンディングでは、ネーミングライツの他にも署名入り書籍や、イベントへの招待がリターンとして用意される予定だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!