2024年 4月 17日 (水)

国税庁動画チャンネルなのに「ゲーム実況」 直撃取材で分かった正体と狙い

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国税庁の公式YouTubeチャンネル「国税庁動画チャンネル」に、「ゲーム実況」!? こううわさになっている動画では、見慣れないゲームの名前がプレイされている。その名も「Kakushin Simulator β版」だ。

   投稿者は「関東信越国税局」で、初めに「どうもみなさんこんにちは、カンシンgamesです」と、まるでゲーム実況者のように挨拶している。

  • 国税庁の公式YouTubeチャンネルに「ゲーム実況」が
    国税庁の公式YouTubeチャンネルに「ゲーム実況」が
  • 「スマートフォンルート」クリア時には「スマホで(確定申告)できんの?」と驚く姿も
    「スマートフォンルート」クリア時には「スマホで(確定申告)できんの?」と驚く姿も
  • 国税庁の公式YouTubeチャンネルに「ゲーム実況」が
  • 「スマートフォンルート」クリア時には「スマホで(確定申告)できんの?」と驚く姿も

脱出ゲーム実況風の広報動画

   動画では挨拶に続き、「Kakushin Simulator β版」を10円で購入し、早速プレイしてみる、と語る場面から始まる。購入理由を「値段見た瞬間ポチってましたよね、気づいたら」と話したり、ゲーム導入時のプロローグを読み上げた後には「うん?なんの話?」と感想をつぶやくなど、かなり砕けた口調になっている。

   「ゲーム」はプロローグが終わると、まるで脱出ゲームのように、マウスポインターでクリックできる場所が限られた「オフィス」から始まる。オフィス内の棚からクリックで開ける場所を探し、開いた棚から病院の領収書や電卓、スマートフォン、源泉徴収票を集める。全て回収するとゲームはクリアになる。その後自宅に帰り、確定申告をする語りで締め括られる流れだ。

   「実況者」である「カンシンgames」が、動画内で挑戦する。「オフィス?なにどういうこと?」「何のゲームなんだろうね」と発声しながら、「スマートフォンルート」を2分13秒でクリアする。ここで別ルートの存在に気づき、ゲームを続行。「紙の確定申告」ルートは4分42秒でクリアした。

   動画が公開されたのは2023年1月31日だが、視聴数はすでに5万回を超えた。同チャンネルの他の動画と比べると、かなり多い数字だ。

   関東信越国税局に取材した。広報によると、この動画は企画から撮影、編集まで全てを広報室職員が担当して出来上がった。

   再現度の高さにツイッターでは、実在するゲームだと勘違いする人が。だが、あくまで「ゲーム実況風」に確定申告を広報する動画だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!