2024年 6月 19日 (水)

2億円「ポケカ」に熱視線 過去にはヒカキンが「5000万円カード」購入

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「ポケモンカードゲーム」専門店の晴れる屋2は、希少カード「ポケモンイラストレーター」の販売を、2023年1月30日に明らかにした。価格は2億円(税込み)だ。同店で取り扱う商品で最高販売額となる。

  • やはり金庫?購入後の保管方法も気になるところ
    やはり金庫?購入後の保管方法も気になるところ
  • やはり金庫?購入後の保管方法も気になるところ

「7億円」の評価も

   「ポケモンイラストレーター」は、非売品のため一般に流通しておらず、その希少性ゆえに「超高額カード」となっている。1997~98年、「月刊コロコロコミック」誌上で3回開催された「イラストアーティストコンテスト」最優秀賞・優秀賞者だけに進呈された。ピカチュウのデザインを考案したとされるイラストレーター、にしだあつこさんが描いている。

   このように希少性が高く、数百から数億円の値が付く高額カードは、第三者機関に真贋(しんがん)鑑定を依頼し、10段階評価を受けて発売されることが多い。今回販売中のカードは、10点中8.5点と評価された。過去に最高評価10点を獲得した「ポケモンイラストレーター」には、約7億円の値が付いた。この例を含む過去数年の取引履歴を踏まえ、今回2億円で販売開始することとなったと、晴れる屋公式ユーチューブチャンネルで同社の岩田太社長が明かしていた。

   この「2億円カード」について、「晴れる屋2」店長の渡辺翔さんに取材したところ、現在までに7件ほどの問い合わせがあったという。同店の公式ツイッターによると、実際には2022年12月23日から販売している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!