2024年 6月 15日 (土)

「闇バイト」で悪用される「テレグラム」 広域強盗事件で指示役が使う

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「テレグラム」や「シグナル」という暗号通信が話題になっている。全国で多発した広域強盗事件では、これらが犯行グループで利用されていた、と報道されている。一般にはなじみがないが、オレオレ詐欺などの特殊詐欺や違法薬物売買などの犯罪では、以前からよく使われているという。

  • スマホアプリで「遠隔操作」
    スマホアプリで「遠隔操作」
  • スマホアプリで「遠隔操作」

フィリピンから実行犯に指令

   これらの暗号通信による犯罪については最近、新聞や週刊誌などで何度も報じられている。

   文春オンラインは2020年11月15日、「進化した『半グレ』その犯罪の残忍な手口とは?暗号化アプリを活用、高齢者からセクシー女優まで標的」という記事を公開。暗号通信アプリで「闇バイト」を募集する手口が広がっていることを報告している。筆者はノンフィクション作家の尾島正洋氏。

「半グレグループなどに詳しい関係者によると、実行犯らとの連絡方法は匿名性の高い『シグナル』『テレグラム』というアプリが使われることが多い」
「最近は通信内容が暗号化されるために、記録をたどれないこともあり、どういった内容の指示がなされたか不明のままになる」
「さらに、指示役と実行役が顔を合わせることがないよう、指示役が実行役を遠隔誘導することが多いため、詐欺や強盗などの事件で実行犯を逮捕することとなっても、指示役や上部組織に突き上げ捜査を進める際に障壁となり、実態解明は困難な情況となっている」

   まるで、狛江市などの事件を予見するかのような記事だ。今回の一連の広域強盗事件では、指示役がフィリピンからスマホを使って実行犯に指令を出していたと見られている

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!