2024年 2月 23日 (金)

ゲーミングノートPC「AORUS 17X」 モバイルワークステーションとしても

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   パソコン(PC)および周辺機器などを手がける台湾のGIGABYTE Technologyは、ゲーミングノートPC・モバイルワークステーション「AORUS 17X AZF-C5JP665JP」を2023年2月9日に発売する。

  • ゲームプレイはもちろんモバイルワークステーションにも適するハイスペック
    ゲームプレイはもちろんモバイルワークステーションにも適するハイスペック
  • ゲームプレイはもちろんモバイルワークステーションにも適するハイスペック

耐久性と質感を両立

   CPU(プロセッサー)は24コア/32スレッドの第13世代インテル「Core i9 -13950HX」、GPU(グラフィックス・プロセッサー)はNVIDIA「GeForce RTX 4090 Laptop」を搭載。すぐれたパフォーマンスと省電力性を両立する。

   筐体にはCNCフライス金属加工技術を使用し、堅牢なシャーシによる宇宙船のような構造で、すぐれた耐久性と質感を実現した。

   リフレッシュレート240Hzの17.3型QHD(2560×1440ドット)液晶ディスプレイを搭載。デジタルシネマの規格「DCI-P3」カバー率100%の広色域で、ブレやにじみ、ラグがなく快適なゲームプレイを楽しめる。独自の「AI EyeCare」技術により画面の明るさを自動的に調整し、目の疲れを軽減する。

   独自の冷却機構「WINDFORCE Infinity」の設計を見直し、筐体の薄型化と効率的な冷却を実現。より面積を拡大したベイパーチャンバー(金属製の放熱部材)でCPUやGPUを効率的に冷却し、従来比35%の高性能化を実現した。


   日本語配列の「AORUS Fusion」RGB独立バックライト付きキーボードを装備。ゲームやアプリケーションごとに全てのキーの色やライティング効果を個別にカスタマイズできる。

   「Wi-Fi 6E」対応の無線LAN、2.5Gbps接続の有線LANを搭載。「DTS:X Ultraオーディオテクノロジー」をサポートし、没入感のあるサウンドを楽しめる。

   OSは「Windows 11 Pro」をプレインストール。メモリーは32GB、内蔵ストレージは1TB M.2 SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)×2。

   市場想定価格は66万円前後(税込)。

   また、CPUは「Core i7-13700H」、GPUが「GeForce RTX 4080 Laptop」、360Hz駆動の17.3型フルHD(1920×1080ドット)ディスプレイを搭載し、メモリー16GB、内蔵ストレージは1TB M.2 SSDを搭載した「AORUS 17H BXF-74JP554SH」を同時発売する。

   市場想定価格は36万1000円前後(同)。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!